2017年12月13日

2017年12月15日(金)・16日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

今年のかつしか星空散歩日程のお知らせです。
土曜日の星空散歩は16日が最後となりますのでご注意下さい。
再来週の22日(金)が今年最後の星空散歩となります。

最近一気に寒くなりましたね。
観望は博物館5階で行われますが、屋外と同じ寒さです。
なので屋外と同じ服装、またはカイロを所持しているといいかもしれません。
防寒対策はしっかりとお願いいたします。


では星空散歩のご案内です。

【開催日】 2017年12月15日(金)・16日(土)
【開始時刻】 19:30
【開催場所】 葛飾区郷土と天文の博物館 5階
※開催前に館内放送等でご案内します。
※混雑が予想される場合は、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。
 なお、整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。
【観望予定天体】
≪12/15≫
・ミラ
・天王星
・メサルティム
・青い雪だるま星雲
・M37
・カペラ

etc・・・

≪12/16≫
秋から冬の星団


※観望天体は当日の雲の状況や、お客様の人数等により変更になる場合がございます。
※雨天・曇天で星が見えない場合は中止します。事前に中止決定の際はツイッター(@stasta_blog)にて告知致します。

【詳細】
かつしか星空散歩
posted by スターウォッチングスタッフ at 17:31| 東京 ☀| Comment(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

2017年12月8日(金)・9日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

★天体観望会「かつしか星空散歩」開催のご案内
【開催日】 12月8日(金)・9日(土)
【開催場所】葛飾区郷土と天文の博物館 5階天体観測室
※集合場所は、開催前に館内放送等でご案内します。
【開催時間】19時30分〜20時30分
※混雑が予想される場合、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。なお、整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。

【観望予定天体】
12月8日(金):オリオン大星雲(M42)、プレアデス星団:すばる(M45)、二重星団 h-χ(エイチ-カイ)、二重星アルマク(アンドロメダ座γ(ガンマ)星)、二重星エリダヌス座32番星
12月9日(土):天王星、プレアデス星団:すばる(M45)、二重星団 h-χ(エイチ-カイ)、二重星アルマク(アンドロメダ座γ(ガンマ)星)、ガーネットスター(ケフェウス座μ(ミュー)星)、ET星団(NGC457)、ベテルギウス

【詳細】かつしか星空散歩

☆ 12月14日(13日の夜)は"ふたご座流星群"を見よう
 多くの流星を見ることができる流星群、特に期待をうらぎらないのが12月14日に極大を迎えるふたご座流星群です。天気がよければ是非夜空を見上げてみましょう!

 いちばん流れそうなのは14日木曜日の0時ごろからです。14日といっても「13日水曜日の夜」ということに気をつけてください。流星群というのは彗星が撒いたチリの集まりに地球が入っていく現象ですから、前後の日も期待できます(ただ、極大に向けて増えていき過ぎると急激に減るそうですので、12/14の夜より12/12の夜のほうが期待できそうです)。

 「まずふたご座を見つけなくては」と考える必要はありません。流星はある方角だけに出るわけではないですので、夜空の広い範囲を眺めましょう。見晴らしのよいところだと最高です。1時間に30個の流星が観測されると予測されていますので、2分も待てば1つは流れることになります。
 でも見ていなかった方向に流れるかもしれませんし、10分近く流れないことあります。また暗い流星は確認が難しいかもしれません。ですので、できれば15分以上頑張って夜空を眺めてみましょう。
 しかし!冬の夜に15分じっとしているのは想像以上に「とにかく寒い!」です。寒さ対策を万全に。

「流れ星」は1つか2つ見ただけでもとても満足できます。もし見つけることができなくても、美しく輝くオリオン座やシリウスを確認できることでしょう。冬の星たちの共演を是非楽しんでください。

※12月9日(土) は18時40分より「かつしか宙(そら)トーク」も開催します。星空散歩前にご覧いただけます。
詳しくはこちら
posted by スターウォッチングスタッフ at 01:29| 東京 ☀| Comment(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

2017年12月9日(土)「かつしか宙(そら)トーク」を開催します

12月9日(土)は宙トークを実施します。

「水星 〜日本初の水星探査機、来年打ち上げへ〜」
 ちっちゃいけど実は面白い!?日本・ヨーロッパ合同の水星探査機が 2018年に打ち上げ予定です。
探査によって何がわかるのか?簡単にお話しします。

【開催日時】 2017年12月9日(土) 18:40〜19:15
※時間が前後する場合がございます。トーク終了後はかつしか星空散歩に参加できます。
【開催場所】葛飾区郷土と天文の博物館 1階講堂
【詳細】かつしか宙(そら)トーク

トーク終了後、19:30から星空散歩も開催されますので是非ご参加ください。
皆様のお越しをお待ちしています。
posted by スターウォッチングスタッフ at 09:28| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月30日

2017年12月1日(金)・2日(土) の「かつしか星空散歩」《予告》

★天体観望会「かつしか星空散歩」開催のご案内

【開催日】 12月1日(金)・2日(土)

【開催場所】葛飾区郷土と天文の博物館 5階天体観測室
※集合場所は、開催前に館内放送等でご案内します。

【開催時間】19時30分〜20時30分
※混雑が予想される場合、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。なお、整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。

【観望予定天体】月、プレアデス星団、二重星団など(予定)

【詳細】かつしか星空散歩

誕生日の星座として「うお座」は有名ですが、どんな形をしているかご存知でしょうか。うお座は秋の星座ですが、秋の四辺形の東と南の2辺に沿うような形をしています。ふたつの丸い星の並びとそれを結ぶ2本の枝のような星の並び。さくらんぼのようにも見えるかもしれません。

ギリシャ神話に登場するアプロディーテーとエロース、親子の神様の姿を表したと言われています。親子が怪物テューポーンに襲われたとき、とっさに2匹の魚に変身して川に逃げた際、離ればなれにならないように尻尾をリボンで繋いだ姿なのだそうです。泳ぎにくくはなかったのでしょうか。

リボンの結び目の部分の星はアルレシャ、「ひも」という意味の二重星です。東京で見つけることは難しいですが、空の暗い場所に行ったときに探してみてはいかがでしょうか。
posted by スターウォッチングスタッフ at 02:33| 東京 ☀| Comment(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

2017年11月17日(金)・18日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

しし座流星群が18日極大ですね。
月明りも少なく、晴れていれば絶好の観測日ではないでしょうか?
都会な場所でも流れ星がしっかりと見られるといいですね。

では星空散歩のご案内です。

【開催日】 2017年11月17日(金)・18日(土)
【開始時刻】 19:30
【開催場所】 葛飾区郷土と天文の博物館 5階
※開催前に館内放送等でご案内します。
※混雑が予想される場合は、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。
 なお、整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。
【観望予定天体】
≪11/17≫
・天王星
・海王星
・フォーマルハウト
・ガーネット・スター
・M2
・アルマク
・ミルファク

etc・・・

≪11/18≫
・天王星
・フォーマルハウト
・アルビレオ
・おひつじ座γ星
・アルマク
・hχ
・ガーネット・スター

etc・・・

※観望天体は当日の雲の状況や、お客様の人数等により変更になる場合がございます。
※雨天・曇天で星が見えない場合は中止します。事前に中止決定の際はツイッター(@stasta_blog)にて告知致します。

【詳細】
かつしか星空散歩
posted by スターウォッチングスタッフ at 21:12| 東京 ☀| Comment(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

2017年11月10日(金)・11日(土) の「かつしか星空散歩」《予告》

宇宙飛行士の野口さんが2019年末から半年間、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在することが決まりました。

野口さん自身は2度目のISS滞在で、宇宙飛行自体は3度目になります。

前回のISS滞在時は様々な実験や作業を行いました。
個人的に面白かったのはウーロン茶のパックを使って遠心力と慣性の法則を説明する動画です。こちら
物体が遠心力によりどのような動きをするのかがよくわかります。

また、宇宙での活動の他にも宇宙兄弟のアニメの声優として本人役で出演されました。
リアルタイムで見ていましたが、優しい語り口ながらも人類が宇宙に出ることの意義を熱く語っていました。

ISSへ向かうのは2年後ですが、今回の発表を受けて今後様々な活動を行うことが予想されるので今から要チェックです。

それでは星空散歩のご案内です。

【開催日時】11月10日(金)・11日(土)19:30〜
(19:15から整理券を配布する場合があります)

【天体】<11/10>
・アンドロメダ座γ星(アルマク)
・ペルセウス座二重星団(hーχ)
・天王星
・とかげ座8番星
・海王星
・M31(アンドロメダ座)
(予定)
<11/11>
・天王星
・二重星団
・アルマク
・いるかγ星
(予定)
※観望天体は当日の雲の状況や、お客様人数等により変更になる場合がございます。
※整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。
posted by スターウォッチングスタッフ at 18:45| 東京 ☀| Comment(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

2017年11月4日(土) の「かつしか星空散歩」&「かつしか宙(そら)トーク」を開催します

11月3日(金)は祝日につき、文化の日・博物館まつりをお楽しみください。
11月4日(土)はかつしか星空散歩と宙トークを開催予定です!

★宙トーク 「宇宙の測り方 〜地平線の後退の歴史〜」
 紀元前から今日にいたるまで天体の距離がどのように測られてきたのかをお話します。トーク終了後そのまま「かつしか星空散歩」にご参加いただけます。

【開催日時】 11月4日(土) 18時40分〜19時15分
【開催場所】葛飾区郷土と天文の博物館 1階講堂
【詳細】かつしか宙(そら)トーク

★ 天体観望会「かつしか星空散歩」
 宙トークのあとはかつしか星空散歩を開催します。

【観望予定天体】天王星 & 月 ほか
【開催日時】 11月4日(土) 19時30分〜20時30分
混雑が予想される場合、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。
※ 整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。

【開催場所】葛飾区郷土と天文の博物館 5階天体観測室
※集合場所は、開催前に館内放送等でご案内します。
【詳細】かつしか星空散歩

今週末、秋晴れの日となりますように!
posted by スターウォッチングスタッフ at 01:05| 東京 ☀| Comment(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お知らせ】11月3日(金):文化の日・博物館まつり

11月3日(金)は祝日「文化の日」につき夜のかつしか星空散歩は"お休み"ですが
「文化の日・博物館まつり」が開催されます。



普段博物館で活動するボランティアの皆さんによるイベントもたくさん開催されます。入館料は無料です。
天文ボランティアでは以下のプログラムを実施予定です。

・星空図書館:絵本の読み聞かせ【午前中(予定)】
・ボランティアによる天体写真展
・ギャラリートーク:天文展示の解説【午後1時〜4時30分】
・かつしか青空散歩:昼間の星を観察【午後1時〜4時30分】
・12星座のおりがみ作り 【午後1時〜4時30分】
・星型のヒンメリ作り(フィンランドの装飾品)【午後1時〜4時30分】
・天文展示スタンプラリー【午後1時〜4時30分】

また「プラネタリウム見学ツアー」【所要時間30分:午前10時/11時30分/午後1時/2時30分/4時〜】も開催予定です。
みなさまのお越しをお待ちしております!

詳細:文化の日・博物館まつり
posted by スターウォッチングスタッフ at 00:44| 東京 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

2017年10月27日(金)・28日(土) の「かつしか星空散歩」《予告》

★天体観望会「かつしか星空散歩」開催のご案内

【開催日】 10月27日(金)・28日(土)

【開催場所】葛飾区郷土と天文の博物館 5階天体観測室
※集合場所は、開催前に館内放送等でご案内します。

【開催時間】19時30分〜20時30分
※混雑が予想される場合、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。なお、整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。

【観望予定天体】
月、秋の二重星など(予定)

【詳細】
かつしか星空散歩


秋の夜空は明るい星があまりないと言われていますが、天気の良い夜には東京でもいくつかの星を見つけることができます。この季節には西に傾いていく夏の大三角、その東側に目を向けて少し時間をかけて目を慣らしていくとペガススの四辺形が見えてきます。ここから秋の星をたどってみましょう。

四辺形の北の一辺から東に向かって直線状に伸びる星の並びがアンドロメダ座。アンドロメダ座の北側にあるダブリューの星の並びが有名なカシオペヤ座です。アンドロメダ座に戻って反対の南側にふたつ並んだ星が見えたらそれはきっとおひつじ座。アンドロメダ座のラインをさらに伸ばした東側にある星はペルセウス座の星でしょう。

参考: 東京の星空・カレンダー・惑星(2017年10月) (国立天文台)

これらの星々の中には、望遠鏡で拡大すると接近した2星に分離する、二重星と呼ばれるものが含まれます。かつしか星空散歩ではこれらの二重星を観察することができます。今週はすごい台風がやってきましたが、週末天気がよかったらぜひ二重星を見に遊びに来てください。

なお、葛飾区郷土と天文の博物館のプラネタリウムですが、大規模改修のため11月から休演となることが決まっています。しばらくお休みになるのは残念ですが、来年6月にはパワーアップして再開するとのことです。26年間活躍してきた現在の装置による番組ももうすぐ終了ですのでプラネタリウムも併せてお楽しみになってみてはいかがでしょうか。
posted by スターウォッチングスタッフ at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

2017年10月20日(金)・21日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

ここ最近の関東地方は雨ばかり、気温もぐっと冷え込んでいますね。

そろそろ、日付の変わる前にも冬の星座たちが見えるようになってきました。
夏や秋の空とはまた違った、冬の星たちの明るさに時の経つのも忘れて見入ってしまいます。

さて、冬の星座といえばオリオン座が有名ですが、
21日の深夜から22日未明にかけて、オリオン座流星群という流星群が見ごろになります。

速度が速く、明るいものが多いこの流星群、
今回は月明かりもなく、都内でも比較的観測し易いハズ…ですが、
果たしてお天気はどうなるでしょうか?

☆星空を見るときは防寒対策はしっかりと!☆

それでは今週のかつしか星空散歩のご案内です。

【開催日】 2017年10月20日(金)・21日(土)
【開始時刻】 19:30
【開催場所】 葛飾区郷土と天文の博物館 5階
※開催前に館内放送等でご案内します。
※混雑が予想される場合は、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。
  なお、整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。

【観望予定天体】
10/20(金)
 ・アルマク(アンドロメダ座)
 ・アキルド(カシオペヤ座)
 ・アルビレオ(はくちょう座)
 ・海王星
10/21(土)
 ・アルマク(アンドロメダ座)
 ・アキルド(カシオペヤ座)
 ・メサルティム(おひつじ座)
 ・フォーマルハウト(みなみのうお座)
 ・NGC457(カシオペア座)…ET星団・ふくろう星団とも呼ばれる散開星団

※観望天体は当日の雲の状況や、お客様の人数等により変更になる場合がございます。
※雨天・曇天で星が見えない場合は中止します。事前に中止決定の際はツイッター(@stasta_blog)にて告知致します。

【詳細】
かつしか星空散歩(http://www.museum.city.katsushika.lg.jp/volunteer/tenmon/hoshizora/
posted by スターウォッチングスタッフ at 09:04| 東京 ☔| Comment(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする