2016年05月26日

2016年5月27日(金)・28日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

梅雨入り前の貴重な観望会。
お天気よければ"かつしか星空散歩"へ迷わずGO!

★天体観望会「かつしか星空散歩」開催のご案内
【開催日】2016年5月27日(金)・28日(土)
【開始時刻】19:30開始  (19:15から1階講堂前にて整理券配布の可能性あり)
【開催場所】 葛飾区郷土と天文の博物館 5階
【観望予定天体】
 5/27: 木星、スピカ、かみのけ座24番星(二重星)、火星、土星
 5/28: 木星、スピカ、ミザール・アルコル(二重星)、火星、M3(球状星団)
【詳細】 かつしか星空散歩
※観望天体は当日の雲の状況や、お客様の人数などにより変更になる場合がございます。

春の夜空に一番明るく輝く星としてとっても目立っていた木星。― そんな主役の座をおびやかすぐらい明るく目立つオレンジ色の"火星"が東の空から昇ってきました。「あれ?火星って夜空でこんな目立ってたっけ」というぐらい明るい!

今月31日、火星は地球に最接近します(この接近は約2年2カ月ごとに繰り返されています)。
2015年10月末時点での地球と火星の距離は約3.3億キロメートル、等級も1.7等と正直あまり目立っていなかったのですが、今回最接近時の火星との間の距離は約7500万キロメートル。等級も-2.0等とぐんと明るくなっています。

201505mars.jpg
▲(天体シミュレーターソフトmitaka+プラネタリウムソフト Stellarium で作成)

火星が地球に近づくことでそのみかけの大きさも2015年10月末時点と比べなんと4倍以上大きくなり(視直径が4.2秒角から18.6秒角へ)、望遠鏡での観察がしやすくなっています。
かつしかの25cm望遠鏡なら火星本体の模様も確認できることでしょう。

最接近は5/31なのですが、その前後1ヶ月の火星は十分大きいです。星空散歩での火星観望を楽しみにしていてください。
posted by スターウォッチングスタッフ at 03:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

2016年5月20日(金)・21日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

春の星座といえば、おおぐま座・うしかい座・おとめ座・しし座といった、明るい星を含んだ大きな星座が主役と言えそうですが、中にはおもしろい名前の星座もあります。

例えば「かみのけ座」。ちょっと変わった名前ではないですか? この星座はラテン語で "Comae Berenices" (ベレニケのかみのけ座) といいます。ベレニケは古代エジブト王朝の王妃で、髪が大変美しかったと伝えられています。王妃様の髪だったんですね。

かみのけ座の付近を見てみると、明るい星がほとんどないことに気が付きます。我々の住む天の川銀河。その天の川銀河を内部にある地球から見たとき、かみのけ座の方向は一番「薄い」方向に当たります。天の川に含まれる物質にじゃまをされずに遠くの銀河を観測するのに適しているため、天文学にとって重要な領域のひとつなのです。

王妃の美しい髪と遠い銀河の取り合わせ、ちょっとおもしろいと思いませんか?

★天体観望会「かつしか星空散歩」開催のご案内
【開催日】2016年5月20日(金)・21日(土)
【開始時刻】19:30開始 (19:15から 整理券配布の可能性あり)
【集合場所】葛飾区郷土と天文の博物館1階講堂前
【観望天体】月、木星、二重星、その他
【詳細】 かつしか星空散歩

※観望天体は当日の雲の状況や、お客様の人数などにより変更になる場合がございます。

夜には急速に冷え込むこともあります。天体観測室の気温は屋外と同様ですのでご来館の際には服装にご注意の上お越しください。
posted by スターウォッチングスタッフ at 00:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

2016年5月13日(金)・14日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

5月5日が立夏でしたので暦の上ではもう夏です。頭上から照りつける日差しは強く、日もだいぶ長くなりましたね。
星空散歩が始まる宵の頃まで薄っすらと明るさが残る季節となりました。
今週の星空散歩は宵空の明るさにも負けない、大人気の天体、月と木星を中心に観察します。

★天体観望会「かつしか星空散歩」開催のご案内

【場所/時間】 5階・天体観測室/19時30分〜20時30分
※集合場所は、開催前に館内放送等でご案内します。
※混雑が予想される場合は、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。

【観望予定天体】
5月13日(金) : 月、木星、スピカ(おとめ座の一等星)、ミザール・アルコル(おおぐま座の二重星)、かみのけ座24番星など
5月14日(土) : 月、木星など

※観望天体は当日の雲の状況や、お客様の人数等により変更になる場合がございます。
※雨天・曇天で星が見えない場合は中止します。事前に中止決定の際はツイッター又はブログにて告知致します。

月は半分に欠けた上弦の頃の月をお楽しみいただけます。欠け際が地球の方を向いており、地形が長い影を落としているのがよくわかります。
Moon20160513-14.jpg
上図は、フリーのプラネタリウムソフト・ステラリウムで各日20時の月をシミュレートしたものです。実際に望遠鏡ではどのように見えるでしょうか?
晴れていたら是非、博物館へお越し下さい。
posted by スターウォッチングスタッフ at 15:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

2016年5月7日(土) 「かつしか宙(そら)トーク」を開催します

皆さんはアストロバイオロジーという言葉をご存知でしょうか?
アストロバイオロジーは比較的新しく生まれた、ホットな学問の一つです。
アストロバイオロジーを直訳すると”宇宙生物学”ですが、これは宇宙と生命体の関係を研究しようという学問です。
例えば地球の生命体は地球外の(例えば隕石などでやってきた)物質が起源となって生まれた可能性があり、実際はどうなのかを研究しています。
また太陽系外惑星に生命体が生まれるのか、生まれるのであればそれはどういう環境なのかということも研究対象として扱っています。

というわけで5/7(土)の宙トークは「アストロバイオロジー」についてのお話です。
(日時) 5/7(土) 18:30~19:15(時間が前後する場合がございますのでご了承ください)
(場所) 博物館 1階講堂
(タイトル)「アストロバイオロジー」
(内容) 
宇宙を舞台にした新しい生物学「アストロバイオロジー」について解説します。

詳しくはこちら

終了後19:30から星空散歩もあるのでそちらも是非ご参加ください。
皆様のお越しをお待ちしています。
posted by スターウォッチングスタッフ at 21:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年5月6日(金)・7日(土)の「かつしか星空散歩」《予定》

5/6(金)未明に、みずがめ座η(エータ)流星群が最も見頃を迎えました。
残念ながら日本では見えにくく、南半球でよく見られる流星群ですが
それでも晴れてさえいれば1時間に5〜10個程度見られるようです。
5/7(土)までは見頃を迎えるようですのでもしお時間あれば挑戦してみてはいかがでしょうか?

では5/6,7の星空散歩のご案内です。
【日時】5/6(金)、5/7(土)19:30~(土曜は19:15~整理券配布)
【天体】<5/6>木星等(予定)
<5/7>木星等 (予定)
※観望天体は当日の雲の状況や、お客様人数等により変更になる場合がございます。

5/7(土)は宙(そら)トークも開催するのでそちらも是非ご参加ください。
※宙(そら)トークとは当館ボランティアスタッフが月に1回、天文に関したお話をするトークイベントです。
posted by スターウォッチングスタッフ at 21:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする