2017年04月27日

2017年4月28日(金)の「かつしか星空散歩」《予告》

最近は春霞で空がボンヤリ霞む日も少なくなり、
昼間はスッキリとした青空が拝める日が増えてきたように感じます。
気温差も少なく、桜吹雪の中を歩きながら、
新緑越しに太陽の光を浴びていると、なんだかワクワクしてきますね!

陽が沈む頃には冬の大三角は西に傾き、頭上には大きな北斗七星。
そして、東の方角には木星がいちだんと明るく輝いています。

さて、今週の かつしか星空散歩 のご案内です。


【開催日】 4月28日(金)
 ※4月29日(土)の星空散歩はお休みです。

【開催場所】葛飾区郷土と天文の博物館
 ※集合場所は、開催前に館内放送等でご案内いたします。

【開催時間】19時30分〜20時30分
 ※混雑が予想される場合、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。
  整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。

【観望予定天体】
カストル (ふたご座の二重星)
かに座イオタ星(かに座の二重星)
プレセぺ星団 (かに座の散開星団)
アルギエバ (しし座の二重星)
コル・カロリ (りょうけん座の二重星)
木星


今週の金曜日は人気の天体 二重星 をメインに企画しています。
先々週のブログでも説明がある通り、
二重星とは、2つの星があまりに近付いているので、肉眼で見えたとしても1つの星に見えるという星です。
実際に近くを周り合っている二重星もあれば、
この地球から見た時にたまたま接近して見える、見かけだけのものもあります。
望遠鏡を一度覗くだけで2つの星が見られるなんて、お得だと思いませんか?(笑)
色の違いも楽しいですよ。

プレセペ星団 は二重星ではなくたくさんの星の集まりで、散開星団と呼ばれます。
このプレセペ星団が星の集まりだということを発見したのは、あのガリレオ・ガリレイだとか。
中国では、亡くなった人の魂が集まる場所だと考えられていたそうです。
6〜7億歳の星が集まっているといわれるプレセペ星団。

『宇宙』という言葉の「宇」は「空間」を、
「宙」は「時間」を表します。

太陽系から遥か離れたこの星たちが輝くその雄大なる宇宙の「空間」と、
その輝きがこの葛飾に届くまでの悠久なる「時間」に想いを馳せながら、望遠鏡を覗いてみてください。



※天候により観察する天体を予告なく変更することがあります。
※著しい曇天時・雨天時には開催を中止します。
 最新情報はTwitterでチェックできます。

かつしか星空散歩についての詳細はこちらをご覧ください。
posted by スターウォッチングスタッフ at 12:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

2017年4月21日(金)・22日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

★天体観望会「かつしか星空散歩」開催のご案内


【開催日】 4月21日(金)・22日(土)



※集合場所は、開催前に館内放送等でご案内します。


【開催時間】19時30分〜20時30分

※混雑が予想される場合、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。なお、整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。


【観望予定天体】

[4/21]カストル(ふたご座)、コルカロリ(りょうけん座)、かに座ι(イオタ)、うみへび座ε(イプシロン)、アルファルド(うみへび座)、木星

[4/22]アルギエバ(しし座)、プルケリマ(うしかい座)、木星、スピカ(おとめ座)、M44 プレセペ星団(かに座)


【詳細】



☆ 春の星座と木星

春を華やかに彩った桜の花も散り、新緑の季節のはじまりです。星空の世界では南の空高いところに「しし座」、北の空高いところに「おおぐま座」を見つけることができます。しし座は1等星レグルスと2等星のアルギエバ・デネボラ、おおぐま座はひしゃくの形の星の並び:北斗七星が目印です。

20170422_2000.jpg

南から東の空には「うしかい座」の明るい1等星アークトゥルスと「おとめ座」の1等星スピカ、そしてこれらの1等星よりずっと明るい木星の輝きを見つけることができるでしょう。

これから夏にかけ木星の観察シーズンの到来です。太陽系最大の惑星の姿を見に かつしか星空散歩 へぜひ遊びにいらしてください。
posted by スターウォッチングスタッフ at 01:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

2017年4月14日(金)・15日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

当館の望遠鏡でよくご覧いただく天体の種類として「二重星」があります。
望遠鏡で見ると、ふたつ以上の星が接近して見える天体です。あまりに接近しているため、肉眼で見えたとしてもひとつの星に見えることでしょう。
二重星のうち、実際に宇宙空間の近い領域に存在し、互いに重力を及ぼし合っているものを「連星」といいます。また、実際には遠くにあるのに、地球から見た場合にたまたま同じ方向にあって重なって見えるものを「見かけの二重星」といいます。
いずれにしても、望遠鏡で見たときに、その明るさや色の違いを楽しむことができます。また、みっつ以上の星からなる重星の場合は配置がどうなっているかも見どころです。機会があったらいろいろ見比べてみてください。


★天体観望会「かつしか星空散歩」開催のご案内

【開催日】 4月14日(金)・15日(土)

【開催場所】葛飾区郷土と天文の博物館 5階天体観測室
※集合場所は、開催前に館内放送等でご案内します。

【開催時間】19時30分〜20時30分
※混雑が予想される場合、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。なお、整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。

【観望予定天体】
冬や春の一等星、二重星など(予定)

【詳細】
かつしか星空散歩

※すっかり暖かな季節となりましたが、夜は冷え込むこともあります。服装にご注意の上ご来館ください。
posted by スターウォッチングスタッフ at 22:39| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

2017年4月7日(金)・4月8日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

早いもので4月に入ってしまいました。
アルデバラン食は東京では残念ながら雲が多く見る事が困難でしたね。
他の地域では見られたという情報もちらほら。羨ましいです。

さて
4月とはいえまだまだ寒い日が続いています。
特に夜はまだまだ冷えます。
ちょっと昼間あったかかったからと薄着でいると夜大変寒くなります。
天体観測するに当たって服装管理も重要になります。。
まだまだ寒いので星空散歩においでの際はあたたかい服装でお越しください。
寒い日が続くのは少々億劫ですね。

では、星空散歩のご案内です。

【開催日】 2017年4月7日(金)・4月8日(土)
【開始時刻】 19:30
【開催場所】 葛飾区郷土と天文の博物館 5階
※開催前に館内放送等でご案内します。
※混雑が予想される場合は、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。
 なお、整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。
【観望予定天体】
 ≪4/7≫
・カストル  
・ミザール・アルコル
・プルケリマ
・月
etc・・・

 ≪4/8≫
・月
・コル・カロリ
・ミザール・アルコル
・木星
etc・・・

【詳細】
かつしか星空散歩

※観望天体は当日の雲の状況や、お客様の人数等により変更になる場合がございます。
※雨天・曇天で星が見えない場合は中止します。事前に中止決定の際はツイッター(@stasta_blog)又は本ブログにて告知致します。
posted by スターウォッチングスタッフ at 08:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする