2020年05月31日

5/30(土)の月面

かつしか星空散歩は現在お休みしています。
詳しくは博物館ウェブサイトをご覧ください。
https://www.museum.city.katsushika.lg.jp/

5/30は半月、上弦の月でした。雲が多く、僅かな晴れ間からの
観察になりました。月の欠け際はクレータなどの地形がわかり
やすく、半月の頃は特に見所がたくさんあります。今回は望遠鏡
を動かして、見所を探すイメージで、アルザケルクレーター
付近で止めています。動画でご覧下さい。画面左上が南になります。



posted by スターウォッチングスタッフ at 22:49| 東京 ☁| Comment(0) | 天文イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

夕空に月・金星・水星が集合しました

かつしか星空散歩は現在お休みしています。
詳しくは博物館ウェブサイトをご覧ください。
https://www.museum.city.katsushika.lg.jp/

5月24日の夕方、細い月と、金星、水星がすぐ近くに集まる様子が見られ、
天文ボランティアのメンバー3人が、それぞれの自宅からこの様子を撮影しました。
遠く離れた場所から、一緒に同じものを見て感動を共有できるのが、
星空の素晴らしいところなのかも知れませんね。

S__2072578.jpg

S__7421990.jpg

58325.jpg
posted by スターウォッチングスタッフ at 22:53| 東京 ☀| Comment(0) | 天文イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

金星の見え方の変化について

かつしか星空散歩は現在お休みしています。
詳しくは博物館ウェブサイトをご覧ください。
https://www.museum.city.katsushika.lg.jp/

宵の明星・金星もそろそろ見納めです。金星は月と同じように
満ち欠けします。月は地球の周りを回っているので、見かけの
大きさはさほど変化しませんが、金星は太陽の周りを回って
おり、地球との距離が大きく変化します。地球から見て、太陽の
反対側にある時は「外合」と言い、太陽に照らされている側を
地球に向けているので丸く見えますが、距離が遠く小さく見えます。
また太陽と同じ方角にあるので観察も難しいです。その後、太陽が
横から照らすようになると欠けて見えるようになり、見かけ上、太陽
と離れ、地球との距離も近くなるので、徐々に大きく見えるよう
になります。6/4には太陽と地球の間に入る「内合」となります。
この時、地球との距離が最も近くなりますが、太陽に照らされて
いない面を地球に向けているために、細い姿となります。
太陽に近いため観察は危険で難しいです。内合を過ぎると明けの
明星となり、明け方の東天で見られるようになります。
説明用のGIFアニメを作成しましたのでご覧下さい。

金星内合説明.gif
posted by スターウォッチングスタッフ at 13:54| 東京 ☀| Comment(0) | 天文イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

5/14(木)の金星

かつしか星空散歩は現在お休みしています。
詳しくは博物館ウェブサイトをご覧ください。
https://www.museum.city.katsushika.lg.jp/

宵の明星・金星は最大光度を過ぎて日没後の高度も徐々に低く
なってきました。天体望遠鏡で観察すると大きく欠けているの
がわかります。金星と地球の距離は近くなっていますので、
細いけれど大きく見えています。このBLOGでも4/10と4/28に
金星の映像を投稿しております。同じ機材同じ条件で撮影して
いるので、形や見かけの大きさの変化がわかると思います。

posted by スターウォッチングスタッフ at 17:15| 東京 ☔| Comment(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

5/7(木)の満月とISS

かつしか星空散歩は現在お休みしています。
詳しくは博物館ウェブサイトをご覧ください。
https://www.museum.city.katsushika.lg.jp/

昨日5/7は満月でした。関東の一部地域で、ISS(国際宇宙ステーション)
が満月を通過するという予報が出ておりましたので、撮影して
みました。午後11時過ぎ、通過はほんの一瞬で1秒未満でしたが、
正確な予報のおかげで撮影できました。写真は連写してISSが写って
いた6枚を合成したものです。ISSの太陽光パネルの形がわかります。

20200507ISS_Monn.jpeg
posted by スターウォッチングスタッフ at 14:55| 東京 ☀| Comment(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月04日

北斗七星(おおぐま座)の見え方

かつしか星空散歩は現在お休みしています。
詳しくは博物館ウェブサイトをご覧ください。
https://www.museum.city.katsushika.lg.jp/

春はおおぐま座の一部である北斗七星が見やすい季節
です。
4/17に北斗七星は一年中沈まないと記載しました。
天文シミュレーションソフトで調べてみると、東京では
北斗七星の一部は沈んでしまうようです。札幌では全ての
星が沈む事なく、那覇では全体が沈んでしまうようです。
緯度によって見え方が変わります。
動画を作成しましたので、ご覧下さい。


posted by スターウォッチングスタッフ at 22:59| 東京 ☁| Comment(0) | 天文イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

コペルニクスの夜明け

かつしか星空散歩は現在お休みしています。
詳しくは博物館ウェブサイトをご覧ください。
https://www.museum.city.katsushika.lg.jp/


5/2(土) は、前日に続き月面を自宅から観察しました。
コペルニクスは、特に目立つ大きなクレーターです。
直径93km、深さ3.76kmあり、内側の壁には階段状の
構造が認められます。この動画では左側から太陽が
当たっており、夜が明けたところです。
画面がユラユラしているのは、主に地球の大気の影響です。
天体望遠鏡で見たイメージで上下左右逆さまになっています。
(参考文献;月面ウォッチング 地人書館)

posted by スターウォッチングスタッフ at 18:42| 東京 ☀| Comment(0) | 天文イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

5/1(金) 月面を自宅から観察しました。

かつしか星空散歩は現在お休みしています。
詳しくは博物館ウェブサイトをご覧ください。
https://www.museum.city.katsushika.lg.jp/

昨日5/1(金) は、上弦の月でした。月はいつも同じ面を
地球に向けていますが、月齢によって見え方が変化します。
特に半月前後の欠けぎわ付近は、天体望遠鏡で見応えが
あります。今回は「アペニン山脈付近」を動画で撮影
してみました。目立つクレーターの名前も入れてみました。
画面がユラユラしているのは、主に地球の大気の影響です。
天体望遠鏡で見たイメージで上下左右逆さまになっています。

posted by スターウォッチングスタッフ at 16:50| 東京 ☀| Comment(0) | 天文イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。