2017年04月11日

2017年4月14日(金)・15日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

当館の望遠鏡でよくご覧いただく天体の種類として「二重星」があります。
望遠鏡で見ると、ふたつ以上の星が接近して見える天体です。あまりに接近しているため、肉眼で見えたとしてもひとつの星に見えることでしょう。
二重星のうち、実際に宇宙空間の近い領域に存在し、互いに重力を及ぼし合っているものを「連星」といいます。また、実際には遠くにあるのに、地球から見た場合にたまたま同じ方向にあって重なって見えるものを「見かけの二重星」といいます。
いずれにしても、望遠鏡で見たときに、その明るさや色の違いを楽しむことができます。また、みっつ以上の星からなる重星の場合は配置がどうなっているかも見どころです。機会があったらいろいろ見比べてみてください。


★天体観望会「かつしか星空散歩」開催のご案内

【開催日】 4月14日(金)・15日(土)

【開催場所】葛飾区郷土と天文の博物館 5階天体観測室
※集合場所は、開催前に館内放送等でご案内します。

【開催時間】19時30分〜20時30分
※混雑が予想される場合、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。なお、整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。

【観望予定天体】
冬や春の一等星、二重星など(予定)

【詳細】
かつしか星空散歩

※すっかり暖かな季節となりましたが、夜は冷え込むこともあります。服装にご注意の上ご来館ください。
posted by スターウォッチングスタッフ at 22:39| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック