2017年04月27日

2017年4月28日(金)の「かつしか星空散歩」《予告》

最近は春霞で空がボンヤリ霞む日も少なくなり、
昼間はスッキリとした青空が拝める日が増えてきたように感じます。
気温差も少なく、桜吹雪の中を歩きながら、
新緑越しに太陽の光を浴びていると、なんだかワクワクしてきますね!

陽が沈む頃には冬の大三角は西に傾き、頭上には大きな北斗七星。
そして、東の方角には木星がいちだんと明るく輝いています。

さて、今週の かつしか星空散歩 のご案内です。


【開催日】 4月28日(金)
 ※4月29日(土)の星空散歩はお休みです。

【開催場所】葛飾区郷土と天文の博物館
 ※集合場所は、開催前に館内放送等でご案内いたします。

【開催時間】19時30分〜20時30分
 ※混雑が予想される場合、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。
  整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。

【観望予定天体】
カストル (ふたご座の二重星)
かに座イオタ星(かに座の二重星)
プレセぺ星団 (かに座の散開星団)
アルギエバ (しし座の二重星)
コル・カロリ (りょうけん座の二重星)
木星


今週の金曜日は人気の天体 二重星 をメインに企画しています。
先々週のブログでも説明がある通り、
二重星とは、2つの星があまりに近付いているので、肉眼で見えたとしても1つの星に見えるという星です。
実際に近くを周り合っている二重星もあれば、
この地球から見た時にたまたま接近して見える、見かけだけのものもあります。
望遠鏡を一度覗くだけで2つの星が見られるなんて、お得だと思いませんか?(笑)
色の違いも楽しいですよ。

プレセペ星団 は二重星ではなくたくさんの星の集まりで、散開星団と呼ばれます。
このプレセペ星団が星の集まりだということを発見したのは、あのガリレオ・ガリレイだとか。
中国では、亡くなった人の魂が集まる場所だと考えられていたそうです。
6〜7億歳の星が集まっているといわれるプレセペ星団。

『宇宙』という言葉の「宇」は「空間」を、
「宙」は「時間」を表します。

太陽系から遥か離れたこの星たちが輝くその雄大なる宇宙の「空間」と、
その輝きがこの葛飾に届くまでの悠久なる「時間」に想いを馳せながら、望遠鏡を覗いてみてください。



※天候により観察する天体を予告なく変更することがあります。
※著しい曇天時・雨天時には開催を中止します。
 最新情報はTwitterでチェックできます。

かつしか星空散歩についての詳細はこちらをご覧ください。
posted by スターウォッチングスタッフ at 12:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449382678
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック