2017年05月16日

2017年5月19日(金)・20日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

最近、晴れた夜空にひときわ明るく輝く星があるのにお気づきでしょうか? 去年はこんなところにこれほど明るい星はありませんでした。前年と位置が違うということは、星座を作る星である恒星ではありません。金星は明るい惑星ですが、夜中には見えないはず。ではいったい?


★天体観望会「かつしか星空散歩」開催のご案内

【開催日】 5月19日(金)・20日(土)

【開催場所】葛飾区郷土と天文の博物館 5階天体観測室
※集合場所は、開催前に館内放送等でご案内します。

【開催時間】19時30分〜20時30分
※混雑が予想される場合、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。なお、整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。

【観望予定天体】
木星、春の一等星、二重星など(予定)

【詳細】
かつしか星空散歩


冒頭の問題、正解は「木星」です。この時期の明るい一等星であるレグルスやスピカ・アルクトゥルスよりもさらに明るく、とても目立っています。木星は明るいだけではなく、望遠鏡で観察する対象としても絶好の天体です。恒星は望遠鏡で拡大しても点にしか見えませんが、惑星なので模様を観察できます。また木星には大きな衛星が4つあり、望遠鏡でその存在や位置関係を確認することもできます。

どのように見えるか、ぜひ実際に体験してみてください。
posted by スターウォッチングスタッフ at 00:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449920349
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック