2008年03月31日

天文学入門講座に行ってきました その3

以前の記事
天文学入門講座に行ってきました
天文学入門講座に行ってきました その2

葛飾区郷土と天文の博物館の天文分野では、
かつしか星空散歩を運営する観望会ボランティアとは別に
天文学講座を担当している天文普及ボランティアがあります。

年に数回、天文にかんする講座を開いているのですが、
この3月には「冬の星空を楽しむ」というテーマで
3回にわたって講座が開かれています。

今晩はその3回目に参加してきました。

博物館の前にある曳船親水公園の桜もきれいに咲いていました。
DSCF4800s.jpg

今日のテーマは「恒星」でした。
身近な太陽から始まり、夜空に光る多くの恒星について
どんなふうに成り立っているのか、詳しい解説がありました。
DSCF4815s.jpg

解説の後は5階の望遠鏡を使って学んだばかりの恒星たちの姿を観察しました。
あいにくの薄曇でしたが、オリオン座のベテルギウスとリゲルを見て
その色の違いを比べてみることができました。
DSCF4823s.jpg

また、お客様の中のリクエストがあった土星を最後に眺めて
5階での観察は終わりとなりました。


自分は今回初めて普及ボランティアさんの講座に参加したのですが、
星空散歩とは違ってより専門的な話を聞くことができました。
また、同じ天文分野のボランティアの活動の様子を知ることができ、
とても有意義な時間を過ごせました。

今後は二つのボランティアで連携して何かイベントを行おう、
という話も出ていますので、お互いに協力していければと思います。

普及ボランティアのみなさま、本当にお疲れ様でした。


posted by スターウォッチングスタッフ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文学入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。