2010年01月04日

2010年1月のかつしか星空散歩は・・

あけましておめでとうございます。
年があけて2010年になりました。

2009年もたくさんのお客さまにお越しいただきありがとうございました。
本年もかつしか星空散歩をどうぞよろしくお願いいたします。

さて、寒さも増して本格的に冬らしくなってきた2010年1月は
こんな天体がごらんいただけます。

【月】

 22日(金)・23日(土)には半月が、
 29日(金)には満月が見られます。

【惑星】

 東の空からは明るく赤い火星がのぼってきます。
 これから春にかけて見やすくなってきます。

【一等星】

 冬の星座にはたくさんの一等星があってとても華やかです。

 オリオン座にあるリゲル・ベテルギウスや
 誕生日の星座にもなっているふたご座のカストル・ポルックスなど
 都内でも見える明るい星がいくつもあります。

【二重星】

 秋から冬の星座にある二重星が見られます。
 明るいあの星が実は二重星だったりもします。
 ぜひ博物館の望遠鏡で観察してみてください。

【その他】

 空気が澄んでいれば淡い天体も見られます。
 星の集まり(星団)などがあります。
 また、オリオン座にあるオリオン大星雲なども見えます。

※上記の天体はあくまで一例です。
 当日の空の状態やお客様の人数によっては
 観察できないこともあります。


最後に2009年12月のまとめです。

12月は6回の開催のうち5回で星を見ることができました。
きれいに晴れた日も多かったです。
また、19日には夕空散歩を行い、水星もご覧いただきました。


観察した天体は・・

・月
・木星、天王星、海王星、水星(惑星)
・アルデバラン、カペラ、リゲル、ベテルギウス(一等星)
・アルマク、カシオペア座ι、ケフェウス座δ、カストル(二重星)
・ミラ(変光星)、ガーネットスター(赤色巨星)
・ET星団、二重星団h-x、クリスマスツリー星団、プレアデス星団(散開星団)
・オリオン大星雲(散光星雲)

でした。

1月は今週末8日・9日からスタートします。
お天気に恵まれますように。


posted by スターウォッチングスタッフ at 20:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

ギャラリートーク(展示解説)をおこないました

12月5日(土)は葛飾区郷土と天文の博物館プラネタリウムで
お子様向けの宇宙塾という講座がありました。

そこで天文ボランティア有志が集まって
お待ちのご家族の方向けに展示解説をおこないました。

DSCF4522s.jpg

宇宙塾の後、お子様には金星探査機あかつきに載せるメッセージ
寄せ書きの形で書いていただきました。

DSCF4525s.jpg

そして午後も展示解説をおこないました。

DSCF4585s.jpg

普段は季節ごとのイベントでのみ開催していますが
今後は回数を増やしていく予定です。

よりたくさんの方に宇宙に親しんでいただけるようがんばります。
posted by スターウォッチングスタッフ at 10:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

2009年12月のかつしか星空散歩は・・

早いもので今年も師走になります。

今年はまだ暖かい日が多いのであまり冬らしくないですが
東の空からは冬の星座も見えてきていて
季節は確実に冬へ移ってきているのがわかります。

では2009年12月の星空散歩で見られる星のご案内です。

【月】

 4日(金)の終盤には満月を過ぎた月が
 東の空の低いところに見えます。

 25日(金)と26日(土)には半分に欠けた月が
 南の空の高いところで見られます。

【惑星】

 南西の空に明るく光る木星が見えますが
 そろそろ沈むのが早くなってきますので
 今月で見納めになるかと思います。

 また南の空には天王星もあります。
 目で見るのは無理ですが、望遠鏡でなら観察できます。

【一等星】

 夏の一等星たちが西の空へ沈んでいき、
 東から冬の一等星がのぼってきています。

 おうし座のアルデバラン、ぎょしゃ座のカペラ、
 オリオン座のベテルギウスなどがあります。

 それぞれ同じような星に見えても、
 色が違ったりしていて比べてみると面白いです。

【二重星】

 秋の二重星がいくつか見られます。
 アンドロメダ座のアルマクなどがあります。

【その他】

 空気が澄んでいれば淡い天体も見られます。
 星の集まり(星団)などがあります。

※上記の天体はあくまで一例です。
 当日の空の状態やお客様の人数によっては
 観察できないこともあります。


最後に2009年11月のまとめです。

11月は6回の開催のうち5回で星を見ることができました。
そのうちよく晴れたのは2回でした。


観察した天体は・・

・月
・木星、天王星(惑星)
・デネブ、ベガ(一等星)
・アルビレオ、いるか座γ、アルマク、カシオペア座ι(二重星)
・ミラ(変光星)、ガーネットスター(赤色巨星)
・ET星団(散開星団)

でした。

12月もたくさんの星が観察できますように。
posted by スターウォッチングスタッフ at 19:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

2009年11月のかつしか星空散歩は・・

一雨ごとに寒さが増してきました。
まだ暖かい日もありますが、だんだん冬が近づいている感じです。

11月にもなると陽が沈むのがかなり早くなります。
それに合わせてかつしか星空散歩では
11月〜1月の土曜日の開催時間を追加します。

第2・第4土曜日に開催している星空散歩では
普段の19時30分〜20時30分の開催に加えて
18時〜19時にも観察会をおこないます。

では、2009年11月のかつしか星空散歩のご案内です。
博物館で観察できる星たちは・・

【月】

 27日(金)、28日(土)に月が見られます。

【惑星】

 しま模様やガリレオ衛星など見所の多い木星は
 夏の終わりから秋にかけて楽しませてくれましたが
 そろそろ見納めになりますのでお早めにどうぞ。

 空の状態がよければ遠くにある惑星、天王星も見られます。

【一等星】

 夏の大三角を作る明るい一等星たちは西の空でまだ見えています。
 こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブです。

 東からは冬の一等星、ぎょしゃ座のカペラや
 おうし座のアルデバランも見えてきます。

【二重星】

 アンドロメダ座のアルマクなど秋の二重星などがあります。

【その他】

 お天気が良ければ星団(星の集まり)など
 ちょっと淡い天体も観察できるかもしれません。

 星団が二つ並んだ二重星団や、ET星団といったユニークな天体があります。

※上記の天体はあくまで一例です。
 当日の空の状態やお客様の人数によっては
 観察できないこともあります。


最後に、2009年10月のまとめです。

8回の星空散歩のうち、星が見られたのは6回で、
そのうちきれいに晴れたのは2回でした。
4回は薄雲がかかりながらも星を観察できました。

お越しいただいたお客様は合計で138名でした。
お月見の特別観察会も合わせると240名になります。
今月もたくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

観察した天体は・・

・月
・木星、天王星、海王星(惑星)
・フォーマルハウト、(一等星)
・アルビレオ、いるか座γ、アルマク、みずがめ座ζ(二重星)
・ガーネットスター(赤色巨星)

でした。

11月もたくさん星が見られますように。
posted by スターウォッチングスタッフ at 19:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

2009年11月3日に向けて

来月の11月3日(文化の日)は葛飾区郷土と天文の博物館の無料公開日で
入館料やプラネタリウム観覧料が無料になります。

この日にあわせて、博物館の天文・郷土のボランティアが
博物館でさまざまなイベントを開催します。


イベントの目玉のひとつに12星座の折り紙コーナーがあるのですが
折り方をお教えできるようボランティア有志で練習しました。(10月3日)

DSCF0395s.jpg

また、天文ボランティアで実施するイベントについて
打ち合わせもおこないました。

DSCF0396s.jpg

イベント詳細につきましてはまたのちほどご案内します。
どうぞお楽しみに。
posted by スターウォッチングスタッフ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月30日

2009年10月のかつしか星空散歩は・・

なんだかあっという間の感じがしますが
9月も今日で終わり、明日から10月です。

例年この時期は秋雨前線がやってくるので
お天気はイマイチなことが多いのですが、今年はどうでしょうか。


さて、2009年10月に見られる天体は・・

【月】

 2日(金)、3日(土)、24日(土)、30日(金)に月が見られます。

 ※3日(土)は第一土曜日ですが、中秋の名月ですので
  特別に観望会を開きます。
  いつもと開催時間が違いますのでお気をつけください。
  詳しくはこちらをご覧ください。

【惑星】

 しま模様やガリレオ衛星が楽しめる木星がみごろです。
 また、天王星も見えてきます。

【一等星】

 夏の大三角を作る明るい一等星がまだまだよく見えます。
 こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブです。

 秋の唯一の一等星フォーマルハウトも南の空低いところにあります。

【二重星】

 アルビレオやダブルダブルスターといった夏の二重星のほか
 アンドロメダ座のアルマクなど秋の二重星も見えてきます。

【その他】

 お天気が良ければ星団(星の集まり)など
 ちょっと淡い天体も観察できるかも?

※上記の天体はあくまで一例です。
 当日の空の状態やお客様の人数によっては
 観察できないこともあります。


最後に、2009年9月のまとめです。

7回の星空散歩のうち、星が見られたのは4回で、
きれいに晴れたのは2回でした。

お越しいただいたお客様は合計で123名でした。
夏休みも終わってひと段落ですが、
それでもたくさんの方にお越しいただきました。

観察した天体は・・

・月
・木星、天王星(惑星)
・ベガ(一等星)
・アルビレオ(二重星)

でした。

10月もいいお天気に恵まれますように。
posted by スターウォッチングスタッフ at 13:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

2009年9月のかつしか星空散歩は・・

8月も終わり、9月が始まりました。
夜空も少しずつ秋の星たちが登場します。

今月の星空散歩は毎週金曜と第2・4土曜の開催ですが、
第3土曜日にも「銀河鉄道の夜」特集ということで
宮沢賢治の作品にちなんだ星をご覧いただく予定です。

さて、2009年9月に見られる天体は・・

【月】

 4日(金)には満月に近い丸い月が、
 25日(金)と26日(土)には半月が見えます。

【惑星】

 しま模様やガリレオ衛星が楽しめる木星がみごろです。
 また、天王星も見えてきます。

【一等星】

 夏の大三角を作る明るい一等星が空の高いところにあります。
 こと座のベガ、わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブです。

【二重星】

 美しいペアのアルビレオ(はくちょう座)や
 二重星が二つ寄りそったダブルダブルスターなど
 きれいな二重星がたくさんあります。

【その他】

 お天気が良ければ散開星団(星の集まり)など
 ちょっと淡い天体も観察できるかも?

※上記の天体はあくまで一例です。
 当日の空の状態やお客様の人数によっては
 観察できないこともあります。


最後に、2009年8月のまとめです。

9回の星空散歩のうち、星が見られたのは7回で、
きれいに晴れたのは3回でした。

お越しいただいたお客様は合計で250名を越えました。
夏休みということもあり、たくさんのお客さまがいらしてくださいました。

観察した天体は・・

・月
・木星(惑星)
・アンタレス、ベガ(一等星)
・アルビレオ、かみのけ座24番星、ラス・アルゲティ、
 ダブルダブルスター、いるか座γ星(二重星)
・コートハンガー星団(散開星団)

でした。

9月もいいお天気に恵まれますように。
posted by スターウォッチングスタッフ at 12:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

天文ジュニア教室「望遠鏡を作ろう」第二回

葛飾区郷土と天文の博物館では毎年夏休みに望遠鏡を作る教室をやっています。
今年2回目の開催となった8月1日も大勢の家族連れで賑わいました。

DSCF5405s.jpg

天文ボランティアも集まり、「職人」としてお手伝いしました。

DSCF5435s.jpg

望遠鏡が出来上がった後、使い方の練習もしました。

DSCF1145s.jpg

そして夕方から、天気予報と違って晴れ間が出ました。
博物館の前に工作で作った望遠鏡を出して星を観察しました。

DSCF5469s.jpg

月もきれいに見えていました。
クレーターや模様もくっきりです。

DSCF5475s.jpg

自分で作った望遠鏡で見る星はまた格別ですので
夏休みの間にいろんな星を見ていただければと思います。
posted by スターウォッチングスタッフ at 10:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

2009年8月のかつしか星空散歩は・・

8月に入って最初の一日は涼しくて、なんだか夏らしくないですね。

梅雨明け宣言が出てからも天気はあまり安定しませんが
8月は夏らしくスカッと晴れてほしいところです。

さて、今月は毎週金曜・土曜に星空散歩を開催します。
夏休みですし、大きな望遠鏡で星の観察はいかがでしょうか?

2009年8月に見えるのはこんな星たちです。

【月】

 1日、28日、29日に見ることができます。
 半分よりふくらんだ、クレーターが見えやすい月になります。

【惑星】

 今月の後半には木星がのぼってきます。
 夜遅くに南の空で明るく光っている木星ですが
 星空散歩で見やすくなるにはもう少しかかります。

【一等星】

 春の一等星「アルクトゥルス」が西の空で光り、
 南では、さそり座の一等星「アンタレス」が輝いています。

 さらに夏の一等星「ベガ(おりひめ星)」、「アルタイル(ひこ星)」
 はくちょう座の「デネブ」も高くのぼってきます。

【二重星】

 夏の二重星が見られます。
 こと座のダブルダブルスターや、
 はくちょう座のアルビレオなどがあります。


※上記の天体はあくまで一例です。
 当日の空の状態やお客様の人数によっては
 観察できないこともあります。


最後に2009年7月の星空散歩のまとめです。

8回の星空散歩のうち、星が見られたのは6回でした。
うち、きれいに晴れたのは1回でした。
合計で116名のお客さまにお越しいただきました。

観察した天体は以下のとおりです。

・月
・土星
・アルクトゥルス、アンタレス、ベガ、デネブ、アルタイル(一等星)
・ミザール、プルケリマ、かみのけ座24番星、アルビレオ、
 ラス・アルゲティ(二重星)
posted by スターウォッチングスタッフ at 08:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

天文ジュニア教室「望遠鏡を作ろう」

葛飾区郷土と天文の博物館では毎年夏休みに望遠鏡を作る教室をやっています。
今年もたくさんの応募をいただいたそうで、大勢の家族連れで賑わいました。

DSCF4653s.jpg

天文ボランティアも集まって、工作のお手伝いをしました。

DSCF4618s.jpg

作り始めて1時間ちょっと、望遠鏡が完成しました。

DSCF4665s.jpg

この後、望遠鏡を使って色んなものを見てみる練習をしたり
望遠鏡のお話を聞いて工作教室は終わりとなりました。

が、この日はお天気もよく三日月が見えていたので
18時半から博物館の入り口前でお月見を始めました。

DSCF4715s.jpg

望遠鏡を作ったお子さんがたくさん集まってくださって
ファーストライトをしました。

DSCF4730s.jpg

こんな三日月が見えていました。

DSCF4725as.jpg

夏休みの間にたくさんの星が観察できるといいですね。
posted by スターウォッチングスタッフ at 11:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

プラネタリウム新番組「クイズ!スター&プラネット」が始まりました

葛飾区郷土と天文の博物館のプラネタリウムで夏の新番組が始まりました。

告知動画です。(※音が出ます)



「クイズ!スター&プラネット」は、かつて人気だった夏の名物番組です。
諸事情によりここ数年はお休みしていたそうですが、
この夏、満を持しての復活となりました。

最新のデジタルユニバースで楽しく宇宙を体験できるうえに
クイズもあって、手元のボタンで答えることができます。

そしてみんながどれくらい正解できたかによって
最後には「ごほうび」と「罰ゲーム」が待っています。

この夏、ぜひ「スター&プラネット」で宇宙を楽しんでください。

そしてプラネタリウムで星に親しんだ後は
かつしか星空散歩で本物の星もご覧いただければと思います。

posted by スターウォッチングスタッフ at 07:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

七夕イベントは大盛況でした!

2009年7月4日(土)葛飾区郷土と天文の博物館で2つの七夕イベントがありました。

まず朝の10時からは「巨大七夕かざり作り」がおこなわれました。

1階の講堂にたくさんのお子さんが集まって、
みんな思い思いの七夕かざりを作りました。

DSCF9855s.jpg

そして用意された大きな笹に飾り付けていきます。

DSCF9859s.jpg

こちらの飾り作りは郷土が主催したイベントでしたが、
天文からスターウォッチングスタッフ有志も集まって
12星座の折り紙コーナーを担当しました。

地元のラジオ局「かつしかFM」の取材もありました。
ブログ記事にもしていただいています)

そして急遽、ボランティアスタッフがラジオの生放送に出演しました。

DSCF9870s.jpg

はじめは12時までの予定だった飾り作りでしたが、
大盛況のため13時過ぎまで飾りつけしてから笹を立ち上げました。

DSCF9928s.jpg

笹はこれから1ヶ月、博物館の中と入り口に飾っています。
短冊も置いてありますので、願い事をぜひ書いていってください。

DSCF1874s.jpg


夜19時からは「たなばたの夕べ」を開催しました。

プラネタリウムで七夕にまつわるお話を聞いていただいてから
空に輝く「おりひめ」や「ひこぼし」を探そう、というイベントです。

DSCF1957s.jpg

4階屋上では望遠鏡を出して、おりひめ(ベガ)と月を観察しました。

本当は目で星を見つけられれば良かったのですが
薄い雲があったので、望遠鏡でお楽しみいただきました。

DSCF2079as.jpg

また、5階の観測室ではそろそろ見納めの土星をご覧いただきました。

DSCF2030as.jpg


一日を通してたくさんのお客様にお越しいただき
七夕に親しんでいただくことができました。

7月7日の夜、お天気でしたらぜひ織姫と彦星を探してみてください。

もし曇って見られなかったとしても大丈夫です。
旧暦(昔のカレンダー)での七夕は、今年は8月26日になるとのこと。
夏休みの最後に2人の星を探してみてください。

七夕について教えて?(国立天文台)
posted by スターウォッチングスタッフ at 19:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

2009年7月のかつしか星空散歩は・・

蒸し暑い日も増えてきて、だんだん夏らしくなってきました。
学生のみなさんは夏休みが待ち遠しいところでしょうか。

旬の星を望遠鏡でご覧いただく「かつしか星空散歩」は
毎週金曜と第2・4土曜(祝日以外)に開催していますが、
夏休み期間は土曜日も毎週開催することになります。

7月は第3土曜の18日も実施しますので、どうぞお楽しみに。

というわけで、2009年7月に見える天体のご案内です。

【月】

 3日と31日(金)に半月より少しふくらんだ月が見えます。
 25日(土)は西の空に沈んでいく三日月が見えます。

【惑星】

 今年も楽しませてくれた土星ですが、
 そろそろ西の空に低くなって観察しづらくなってきます。

【一等星】

 春の一等星「アルクトゥルス」と「スピカ」は西へ、
 南には、さそり座の一等星「アンタレス」が輝いています。

 東からは夏の一等星「ベガ(おりひめ星)」、「アルタイル(ひこ星)」
 そしてはくちょう座の「デネブ」がのぼってきています。

【二重星】

 春の二重星もまだいくつか見られます。
 プルケリマ、ミザール・アルコルなどがあります。

 そして夏の二重星も見えてきます。
 こと座のダブルダブルスターや、
 はくちょう座のアルビレオなどがあります。


※上記の天体はあくまで一例です。
 当日の空の状態やお客様の人数によっては
 観察できないこともあります。


最後に2009年6月の星空散歩のまとめです。

6回の開催のうち、星が観察できたのは5回でした。
梅雨の時期にしてはいい成績でしたが、
すっきり晴れたのは2回で、他は薄雲の中からの観察でした。

お越しいただいたお客様は合計で87名でした。

観察した天体は・・

・月
・土星(惑星)
・アルクトゥルス、スピカ、ベガ(一等星)
・かみのけ座24番星、コル・カロリ、ラス・アルゲティ、
 プルケリマ、ミザール・アルコル(二重星)

でした。

7月もたくさんの星が見られますように。
posted by スターウォッチングスタッフ at 19:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

プラネタリウム新番組「太陽が欠ける日〜7月22日・日食が起きる」

葛飾区郷土と天文の博物館で新しく始まった
太陽が欠ける日〜7月22日・日食が起きる」を見てきました。

DSCF0087s.jpg

来月22日に起こる日食について学べるプラネタリウム番組です。

たくさんの写真やデジタル映像がドームいっぱいに映し出され、
日食の起こる理由や安全に見る方法などがていねいに解説されて
とても分かりやすい番組でした。

トカラ列島で皆既日食になったときに見える星の様子や、
地球に落ちる月の影の様子など、普段見られない映像も体験できます。

また、番組が終わったあとには
「日食観察ひとくちメモ」と題したプリントも配られました。
東京での日食の楽しみ方が簡潔にまとまっています。

ぜひこの番組をご覧になって、来月の日食に備えていただきたいと思います。

投影されるのは土曜17:30〜18:30と日曜16:00〜17:00で、
7月20日まで見ることができます。

また、より詳しく日食について知りたいという方には、
星の講演会「日食と太陽研究の最前線〜これで日食がもっと楽しくなる〜」が
6月20日(土)19時〜20時30分に開催されます。


博物館の前を通っている曳舟親水公園にも水が流れ始めて
散歩するのにちょうどいい感じです。

DSCF0147s.jpg

ぜひ博物館にもお立ち寄りください。
posted by スターウォッチングスタッフ at 21:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

2009年6月のかつしか星空散歩は・・

そろそろ梅雨が気になってくる6月になりました。

過去の星空散歩の記録を見てみると
意外と6月は善戦しているのですが
今年はどうなるでしょうか。

というわけで2009年6月のご案内です。

【月】

 5日(金)には、ふくらんできた月満月が南東の空に、
 26日(金)、27日(土)には細い月三日月が西の空に見えます。

【惑星】

 まだまだ土星が楽しめます。

【一等星】

 春の一等星、しし座のレグルス、おとめ座のスピカ、
 うしかい座のアルクトゥールスが見られます。

【二重星】

 引き続き、春の二重星が楽しめます。

 北斗七星の中にあるミザール・アルコルや
 りょうけん座のコル・カロリ、しし座のアルギエバ、
 うしかい座のプルケリマなどがあります。

※上記の天体はあくまで一例です。
 当日の空の状態やお客様の人数によっては
 観察できないこともあります。


最後に2009年5月のまとめです。

7回の星空散歩のうち、星が観察できたのは4回でした。
合計で122名のお客様にお越しいただきました。

観察した天体は以下のとおりです。

・月
・土星(惑星)
・スピカ、アルクトゥールス(一等星)
・アルギエバ、プルケリマ、アルゴラブ、コル・カロリ、
 かみのけ座24番星(二重星)
・M44(プレセペ星団)、M67(散開星団)

6月もたくさんの星が見られますように。

posted by スターウォッチングスタッフ at 20:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

ボランティア研修に参加しました

葛飾区郷土と天文の博物館では、
考古ボランティアが中心となって毎年行なってきた
博物館ボランティア研修があります。

外部から先生をお招きし、ボランティアについて講演していただき
それぞれの活動に生かしています。

今年は区の主催となり、博物館ボランティア以外の方にも公開され
国立科学博物館の石川先生のお話をうかがいました。

DSCF5928s.jpg

2時間に渡って、生涯学習を支援するボランティアについて
実際の事例などを交えながらお話されました。

よりよいボランティア活動のためにどうしていけばいいのか、
考えるための材料をたくさんいただきました。

天文ボランティアは5名が参加し、それぞれ学ぶところがありました。
今後の活動に生かせるよう、頑張っていきたいです。
posted by スターウォッチングスタッフ at 17:33| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

2009年5月のかつしか星空散歩は・・

新年度が始まってもうすぐ1ヶ月になります。
新緑がまぶしい季節になり、外出するにもいい季節です。

では2009年5月の星空散歩のご案内です。

【月】

 1日、8日、9日、29日に見られます。
 1日と29日は半月より少し細い月三日月
 8日と9日はほぼ満月満月です。

【惑星】

 先月に続いて土星が見やすいです。
 細くなった輪をぜひ一度ご覧ください。

【一等星】

 冬の一等星も少し西の空に残っていますが
 主役は春の一等星になります。

 しし座のレグルス、おとめ座のスピカ、
 うしかい座のアルクトゥールスがあります。

【二重星】

 春の二重星が見やすくなっています。

 北斗七星の中にあるミザール・アルコルや
 りょうけん座のコル・カロリ、しし座のアルギエバ、
 うしかい座のプルケリマなどがあります。 

※上記の天体はあくまで一例です。
 当日の空の状態やお客様の人数によっては
 観察できないこともあります。


最後に先月(2009年4月)のまとめです。

6回の星空散歩のうち、晴れて星が観察できたのは3回でした。
お越しいただいたお客様は合計で103名でした。

観察した天体は・・

・月
・土星
・ベテルギウス、シリウス、スピカ、アルクトゥールス(一等星)
・アルギエバ、コル.カロリ、ミザール・アルコル(二重星)
・アルファルド(二等星)
・プレセペ星団(散開星団)

でした。

5月もいいお天気に恵まれますように晴れ
posted by スターウォッチングスタッフ at 20:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

ボランティア交流会 in 墨田

18日(土)、ボランティア有志でご近所の墨田区にあるプラネタリム、
ユートリヤ・スターガーデンへお邪魔しました。

ユートリヤでもボランティアスタッフの方々が活動されていて
どのように活動を進めているのか、お話を伺わせていただきました。

DSCF9878s.jpg

まず、事前に用意しておいたスライドを使って
お互いの活動内容を説明しました。

天文分野のボランティア活動という点では同じですが
内容も進め方も異なる点がたくさんあって
なるほど、と思うところが多く、とても参考になりました。

DSCF9877s.jpg

続いて、実際にボランティアスタッフも加わって作成された
プラネタリウム番組を観させていただきました。

DSCF9922s.jpg

それから簡単な質疑応答のあと、
プラネタリウムのバックヤードも見せていただきました。
職員の方々が丁寧に機材の説明をしてくださって
とても分かりやすかったです。

これまでも葛飾区郷土と天文の博物館以外の施設で
ボランティアスタッフがどういった活動をしているのか
見学しに行ったことはありました。

しかし、実際に担当されている方々と直接意見を交わすのは初めてで
とても有意義な交流会になりました。

ユートリヤ・スターガーデンのみなさま、本当にありがとうございました。
posted by スターウォッチングスタッフ at 21:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

天文イベントの打ち合わせをしました

4月11日(土)に天文イベントの打ち合わせをしました。

DSCF9848s.jpg

5月5日(こどもの日)、葛飾区郷土と天文の博物館は無料で公開されます。

たくさんのお客様がいらっしゃいますので
星の世界に親しんでいただけるよう
天文ボランティアもイベントを企画しています。

そして今回は、郷土のボランティアグループでも
イベントを企画されているそうです。

詳細につきましては、またのちほどご案内します。
無料で楽しめるものばかりですので、ぜひお楽しみに。

posted by スターウォッチングスタッフ at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

2009年4月のかつしか星空散歩は…

桜も咲いてきて、春らしくなってきました。

博物館の前にある曳船親水公園の桜も
そろそろ見頃になってくるころでしょうか。

年度が変わって新たな出会いの季節ですが
スターウォッチングスタッフにも新しい仲間が増えました。

より楽しい星空散歩をお届けできるよう頑張っていきます。


では今月の星空散歩のご案内です。

【月】

 3日(金)、4日(土、臨時開催)には半月過ぎの月が、
 10日(金)には満月過ぎの月が見られます。

【惑星】

 土星が南の空にのぼり、見やすくなっています。
 15年に一度見られる、細くなったリングをぜひ見てみませんか?

【一等星】

 冬の明るい一等星たちは西の空へ、
 東からは春の星座が上ってきます。

 レグルス(しし座)、アルクトゥールス(うしかい座)
 といった春の一等星たちとバトンタッチです。

【二重星】

 春の二重星が見やすくなってきます。
 北斗七星の中にあるミザール・アルコルや
 しし座のアルギエバなどがあります。

【その他】

 春の夜空には見やすい星団などが少ないですが
 かに座のプレセペ星団などがあります。

※上記の天体はあくまで一例です。
 当日の空の状態や人数によっては観察できないこともあります。


4月とはいえ、夜はまだ冷えることが多いですので
少し暖かめの服装でお越しください。

冬の間は凛として澄んだ夜空でしたが、
だんだん春霞のかかったような眠たい空になってきています。

そんな空では淡い天体ほど見づらくなりますが、
空気の揺らぎは落ち着きますので
惑星や月を眺めるにはもってこいです。

お天気でしたらぜひ博物館に星を見に遊びに来てください。



posted by スターウォッチングスタッフ at 18:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。