2009年03月31日

2008年度 かつしか星空散歩の結果

先週で2008年度の星空散歩は全日程を終えました。

今年度から第2・第4土曜日の開催も加わり
通常の星空散歩は73回おこないました。
イベントなどで観望した回も含めると86回になります。

お越しいただいたお客様は1317名でした。

イベント分も含めると、なんと合計2165名です。

ご来館いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

それから観望した天体をカウントしてみました。
観察した回数の多かった天体は…

 1位 24回 月

 2位 19回 土星

 3位 16回 木星、アルマク(アンドロメダ座の二重星)

 4位 15回 ベガ(こと座の一等星、おりひめ星)

 5位 12回 すばる(おうし座の散開星団、プレアデス星団)

でした。

みなさんの好きなあの星は入っていたでしょうか?
来年度もたくさんの星が見られるよう、頑張っていきます。


最後に2009年3月のまとめです。

5回の星空散歩のうち、3回で星を見ることができました。
お越しいただいたお客様は合計57名でした。

観察した天体は以下の通りです。

・月
・土星
・シリウス、リゲル、ベテルギウス(一等星)
・カストル、アルギエバ(二重星)
・すばる、M35(散開星団)
・オリオン大星雲(散光星雲)

来月もいいお天気に恵まれますように。


posted by スターウォッチングスタッフ at 19:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

ボランティアスタッフ全体集会をおこないました

3月7日(土)は14時から全体集会をおこないました。
たくさんの天文ボランティアのスタッフが博物館に集まりました。

DSCF8322sa.jpg

昨年の活動を振り返ったり、新しく加入するボランティアの紹介や
新年度からの新しい班の発表など、盛りだくさんの集会でした。

新しいボランティア証もいただきました。
DSCF8376s.jpg


全体集会の後は現役ボランティアスタッフで小型望遠鏡の操作講習をしました。

小学校やお祭りへの出前観望会で使う機会のある
持ち運びできる望遠鏡の使い方を練習しました。
DSCF8393s.jpg


その間、新人ボランティアスタッフは最後の研修、模擬観望会の準備です。
まずは2チームにわかれて打合せです。
DSCF8404s.jpg

そして現役ボランティアがお客さん役となって模擬観望会をおこないました。
DSCF8451s.jpg

お天気がイマイチだったり、色んなハプニングが起こったりと
大変な模擬観望会でしたが、ひとまず無事に終えることができました。

というわけで、来月からは新しいメンバーも加わります。

より良いかつしか星空散歩を楽しんでいただけるよう
ボランティアスタッフ一同、頑張っていきます。

新年度もかつしか星空散歩をよろしくお願いいたします。
(まだ今年度もありますが)
posted by スターウォッチングスタッフ at 19:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

2009年3月のかつしか星空散歩は…

まだまだ寒い日が続き、東京では先日雪も降りましたが、3月になりました。
夜空にも春の星座が登場してきています。

では2009年3月の星空散歩のご案内です。

【月】

 今月は6日(金)に月が見られます。
 半月より少し膨らんでたくさんのクレーターが見える月です。

【惑星】

 夕方、明るく輝く金星も星空散歩の時間には沈みかけています。

 かわりに輪のある魅力的な惑星、土星が観察しやすくなってきました。
 今年の土星は、15年に一度の不思議な姿をしています。
 どんな形になっているのか、ぜひ自分の目で確かめてみてください。

【一等星】

 先月と同じように、冬の一等星がよく見えます。
 また、春の一等星「レグルス」(しし座)も見えてきます。

【二重星】

 冬の二重星がよく見えます。
 オリオン座のリゲル、ふたご座のカストルなど明るいものや
 いっかくじゅう座の三重星などがあります。

 春の二重星もいくつか見えてきます。
 北斗七星の中のひとつ、ミザール・アルコルや
 しし座のアルギエバといった二重星があります。

【その他】

 冬の星座には若い星の集まった「散開星団」がたくさんあります。
 日本名「すばる」で有名なプレアデス星団などです。
 ふたご座やぎょしゃ座のあたりにもたくさんあります。

 オリオン座の三ツ星の少し南にあるオリオン大星雲も見えます。
 たくさんのガスが生まれたての星たちに照らされている場所です。


※上記の天体はあくまで一例です。
 当日の空の状態や人数によっては観察できないこともあります。

望遠鏡のあるドームは冷えますので、暖かくしてお越しください。
手袋やマフラー、ホッカイロなどがあると安心です。

また、観測室のすぐ下に暖をとれるロビーもありますので
必要なときは遠慮なく休憩にご利用ください。


最後に先月(2009年2月)のまとめです。

6回の星空散歩のうち、3回で星が見られましたので
まずまずのお天気でした。

ご来館いただいたお客様は合計で71名でした。
寒い季節ですが、たくさんの方にお越しいただきました。

観察した天体は以下の通りです。

・月
・金星、土星(惑星)
・リゲル、ベテルギウス、カペラ、シリウス、アルデバラン(一等星)
・アルマク、いっかくじゅう座β、アルギエバ、ミザール・アルコル(二重星)
・二重星団、ET星団、プレアデス星団、M37(散開星団)
・オリオン大星雲(散光星雲)


posted by スターウォッチングスタッフ at 21:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

イベント打合せと新人歓迎星空散歩をしました

2009年2月21日(土)にはイベントの打合せと新人歓迎星空散歩をおこないました。

まず、15時にスタッフ有志が集まり、
来月21日(土)に予定しているイベント
「かつしか天文 春まつり」の打合せをおこないました。

DSCF8041s.jpg

新しい企画などもあり、内容の濃い打合せができました。
イベントの詳細はまたのちほどお知らせします。


それから19時からは来年度の新人スタッフを歓迎するため
特別に星空散歩を実施しました。

まず1階の講堂に集まって、お互いに自己紹介などをしました。

DSCF8044s.jpg

その後は観測室に上がって、望遠鏡でさまざまな天体を観察しました。

DSCF8053s.jpg

普段の星空散歩ではお客さまが優先なので
あまりじっくり観察することが難しいのですが
こういった機会にしっかり見ることができてよかったです。

また、たくさんの新人・現役スタッフが一度に集まったので
お互いに交流を図ることができました。

来年度からの星空散歩が楽しみになる、そんな一日でした。
posted by スターウォッチングスタッフ at 09:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

観望会ボランティア研修がありました

ボランティアスタッフで運営しているかつしか星空散歩ですが、
来年度のボランティアに20名以上の応募者が集まりました。

この時期は新規ボランティア向けの研修を開催しています。
2009年2月7日(土)には3回目の研修がありました。

この日は二本立て。
14時からは分かりやすい解説方法を学びました。

DSCF6357s.jpg

与えられたお題の星について実際に解説してみたりと
実践さながらの講習でした。


そして夜19時からは望遠鏡の操作練習も行ないました。
望遠鏡の立ち上げから、片付けまで手順を追って勉強しました。

DSCF6591s.jpg

空も晴れていたので、本番と同じように月などいくつか天体を入れて
導入やピント合わせなどの練習をしました。

DSCF6538s.jpg

長い時間にわたる研修でしたが、
みなさん真剣に取り組んでいる姿が印象的でした。

来年度からのデビューが楽しみな、そんな一日でした。
posted by スターウォッチングスタッフ at 01:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

2009年2月のかつしか星空散歩は…

新しい年が始まって早くも1月が過ぎ、2月になろうとしています。

それでは、2009年2月のかつしか星空散歩のご案内です。

【月】

 6日(金)には満月に近い月が、
 28日(土)は細い三日月が見えます。

【惑星】

 西の空の低いところに金星が見えます。
 また、2月終盤には土星も東の空から上ってきます。

【一等星】

 引き続き、冬の一等星が見頃です。

 オリオン座のベテルギウスとリゲル、
 ふたご座のポルックス、ぎょしゃ座のカペラ
 おうし座のアルデバラン、こいぬ座のプロキオンです。

 全天で一番明るく輝く恒星「シリウス」も見えます。

【二重星】

 冬の二重星が観察できます。

 ふたご座のお兄さん星のカストルや
 いっかくじゅう座にある三重星、
 おおいぬ座には色の対比がきれいな145番星もあります。
 
【その他】

 冬の星座の中には若い星の集まり「散開星団」がたくさんあります。
 日本名「すばる」で有名なプレアデス星団などです。

 また、オリオン座の三ツ星の南にあるオリオン大星雲も見られます。
 たくさんのガスが生まれたばかりの星たちに照らされている場所です。


※上記の天体はあくまで一例です。
 当日の空の状態や人数によっては観察できないこともあります。


望遠鏡のあるドームは冷えますので、暖かくしてお越しください。
手袋やマフラー、ホッカイロなどがあると安心です。

また、観測室のすぐ下に暖をとれるロビーもありますので
必要なときは遠慮なく休憩にご利用ください。


最後に先月(2009年1月)のまとめです。

6回の星空散歩のうち、4回で星を観察できました。
そのうち2回は曇り空と、条件はよくありませんでした。

ご来館いただいたお客様は合計で93名でした。
冷え込みの厳しい季節ですが、多くの方にお越しいただきました。

観察した天体は以下の通りです。

・月
・金星(惑星)
・シリウス、リゲル、ベテルギウス、カペラ(一等星)
・アルマク、おひつじ座γ、うお座α、カストル(二重星)
・二重星団、ET星団、すばる、M36、クリスマスツリー星団(散開星団)
・オリオン大星雲(散光星雲)
・アンドロメダ銀河
posted by スターウォッチングスタッフ at 21:02| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

来月のプラネタリウムコンサート、テーマはバレンタイン

葛飾区郷土と天文の博物館で恒例のプラネタリウムコンサートですが
来月はバレンタイン・ナイト・ストーリーと、いつもと少し違った感じになっています。

YouTubeにはプロモーションビデオもアップされています。



制作協力されているカガクノトビラさんにも告知が出ています。

ハワイアンや三味線、沖縄民謡にJAZZと
幅広いジャンルに渡る音楽との融合を果たしてきた
葛飾区郷土と天文の博物館のプラネタリウムですが
今回はまた違ったコラボレーションが見られそうです。

観覧には事前申し込みが必要ですので、
詳しくは博物館のサイトでご確認ください。

毎回、満員御礼の企画ですので、ご覧になりたい方はお早めにどうぞ。
posted by スターウォッチングスタッフ at 21:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

ボランティアスタッフ自主研修をおこないました

2009年1月17日(土)晴れ
ボランティアスタッフが集まって自主研修をしました。

DSCF5586s.jpg

今年度から加わった新人メンバーを中心に、
事前の打ち合わせや望遠鏡の操作、天体の見え方のチェックなど
星空散歩に必要な知識や技術を再確認しました。

DSCF5612s.jpg

幸いお天気にも恵まれて、充実した自主研修ができました。

DSCF5637s.jpg

この研修の成果を本番でもしっかり発揮していきたいと思います。
posted by スターウォッチングスタッフ at 12:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

プラネタリウムの新番組を見てきました

先週の土曜日にプラネタリウムの新番組
『見えない宇宙に迫る』を見ました。

DSCF5447s.jpg

400年前、ガリレオが望遠鏡を使って始めた天体観測では
人間の目で見える光しか観察できませんでしたが
今、人類は目に見えない光も観察できるようになりました。

宇宙には、人の目では見えない光もたくさんあるそうです。
電波や赤外線、ガンマ線にエックス線、紫外線などなど…

そんな「見えない光」を観察していくと、
今まで見ることのできなかった宇宙の新しい姿が見えてきます。

プラネタリウムのドームいっぱいに映し出される迫力の映像で
新たに分かってきた宇宙の姿を堪能できました。

みなさんもぜひ、葛飾区郷土と天文の博物館のプラネタリウムで
「見えない」宇宙の姿を楽しんでください。

もちろん、わたしたちの目で見ることのできる星空の解説もあります。

夏に比べると少しお客さんも少なめ?
…なので、ゆっくりと番組を楽しめると思います。

そしてプラネタリウムの星を楽しんだ後は
ぜひかつしか星空散歩で本物の星も楽しんでください。

1月16日の「かつしか星空散歩」は・・
秋から冬にかけての星座から二重星をいくつかと、おうし座のスバルや、オリオン座のオリオン大星雲などを観察する予定です。
天体観測室は冷えますので、暖かい格好でお出かけください。

posted by スターウォッチングスタッフ at 20:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

ボランティア活動説明会(第2回)を行ないました

1月10日(土)に第2回のボランティア活動説明会をおこないました。

とても寒い中でしたが、前回と同じく9名の方にお越しいただきました。

DSCF5051s.jpg

19時から1時間、博物館の講堂で活動内容についてお話した後、
20時より実際の星空散歩を体験していただきました。
また、星空散歩が終わった後の撤収作業もご覧いただきました。

今回も参加された皆様にボランティアへご応募いただきました。
現在のところ20名近い方からご応募いただいています。

募集の締め切りは2009年1月13日までとなっています。
たくさんのご応募をお待ちしております。
posted by スターウォッチングスタッフ at 06:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

2009年1月のかつしか星空散歩は…

みなさまあけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の星空散歩は9日(金)からスタートします。
葛飾区郷土と天文の博物館は6日からの開館になります)

それでは2009年1月のかつしか星空散歩のご案内です。

【月】

 9日(金)と10日(土)には丸い月が、
 30日(金)には細い月が見られます。

【惑星】

 宵の明星、金星が見やすくなります。
 天王星もまだ西の空に見えています。

【一等星】

 冬の一等星が東の空にそろいぶみです。

 ぎょしゃ座のカペラ、おうし座のアルデバラン、
 オリオン座のリゲルとベテルギウス、ふたご座のポルックス、
 おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン。

 どれも都内の空でもじゅうぶん明るく見える星たちです。

【二重星】

 秋から冬の二重星が観察できます。

【その他】

 若い星が集まってできている星団が見えます。
 歌でも有名な「すばる」(プレアデス星団)などです。

 また、たくさんのガスが集まって星々が生まれている
 オリオン大星雲も観察できます。
 

※上記の天体はあくまで一例です。
 当日の空の状態や人数によっては観察できないこともあります。

望遠鏡のあるドームは冷えますので、暖かくしてお越しください。
手袋やマフラー、ホッカイロなどがあると安心です。

また、観測室のすぐ下に暖をとれるロビーもありますので
必要なときは遠慮なく休憩にご利用ください。


最後に先月(2008年12月)のまとめです。

6回の星空散歩のうち、4回が晴れて星を観察できました。

合計で138名のお客様にお越しいただきました。
寒い中でしたが、たくさんの方に星をご覧いただけました。

観察した天体は以下のとおりです。

・月
・金星、天王星(惑星)
・シリウス、リゲル(一等星)
・アルマク、おひつじ座γ星、カシオペア座ι星、エリダヌス座32番星
 カストル、いっかくじゅう座β星(二重星)
・M29、ET星団、二重星団、すばる、M35、M36、M37、NGC2169、
 NGC663、クリスマスツリー星団(散開星団)
・ミラ、ガーネットスター、クリムゾンスター(赤色巨星・変光星)
posted by スターウォッチングスタッフ at 15:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

観望会ボランティア活動Q&A

観望会ボランティアの活動に関するQ&Aをまとめました。
応募しようと考えていらっしゃる方の参考になれば幸いです。

Q1.星や宇宙は好きだけどあまり詳しくないです。大丈夫でしょうか?

大丈夫です。
天文については活動を通して学ぶこともできますし、
少しずつ知識を増やしていただければ十分です。

かつしか星空散歩ではお客様への応対がとても重要ですので
何より人とのコミュニケーションをはかることが大事になります。

ボランティアスタッフの中には天文に詳しい人もいますし、
逆に星の知識にはあまり自信はないけれども
お客様との対話で場をなごませるのが得意な人もいます。

星空散歩は、メンバーを班に分けて活動していますが、
それぞれの班はバランスを考慮して構成されていますのでご安心ください。

Q2.葛飾区外に住んでいますが、ボランティアになれますか?

もちろん登録できます。
現在のメンバーにも区外に住んでいる人はたくさんいます。

Q3.活動できる日が不定期になりそうですが、
 金曜か土曜のどちらかに決めなければダメですか?

参加できるときに参加していただいて大丈夫です。

現在では、定期的な参加が厳しい方はフリーという立場で
来られるときに参加する、という体制を取っています。

ただ、基本的に一年目の方には活動になじんでいただくためにも
できればいずれかの班に入っていただくようにお勧めしています。

Q4.ボランティア研修に参加できない日があるんですが…

事前に欠席・遅刻のご連絡をいただければ大丈夫です。
欠席したからボランティアに登録しない、ということはありません。

欠席した回で使用した資料などは後日お渡ししますし、
場合によってはなんらかのフォローもおこないます。

Q5.メンバー同士の連絡に電子メールは必須でしょうか?

メールでの連絡網(メーリングリスト)を使用していますが、
お持ちでない場合も活動にそれほど支障はありません。

星空散歩の活動にかかわる打ち合わせなどについては
基本的に博物館に集合しておこなう場合が多いので
あまりメールを使用することもありません。

場合によってはメール・電話などを使って打ち合わせすることもありますし、
その他イベントなどの連絡事項をお知らせする際にメールを使うこともあります。

ただし、博物館からの重要な連絡事項はお電話または郵送で確実にご連絡します。
また、イベントの告知などは打ち合わせで使用する研究室にも掲示します。

Q6.かつしか星空散歩は6〜7人で班を作って活動してますが、
 その他のイベントは班単位で活動されているのでしょうか?

ボランティアスタッフが自主的に行なっているイベントは任意参加です。
スタッフ全体の中で、参加したい人が加わる形式になっています。

また、星空散歩も毎回担当を決めていますが、担当でないメンバーでも
自由に参加できますし、担当班のお手伝いなどをしています。


以下、追加の質問です。

Q7.活動時間は19時〜21時ですが、21時を越えることはありますか?

博物館の閉館が21時ですので、長引くことは基本的にありません。
用事があって早退される場合は、事前に打ち合わせておけば大丈夫です。

Q8.年度の途中で担当日を金曜から土曜に変えることはできますか?

前例はありませんが、対応を考えます。
班が変わりますが、大きな支障はないと思います。


他にも質問・疑問などありましたら、
コメント欄にて受け付けておりますのでお気軽にどうぞ。
posted by スターウォッチングスタッフ at 22:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

ボランティア活動説明会(第1回)を行ないました

12月6日(土)、来年度の観望会ボランティア募集にともなって
ボランティア活動の説明会をおこないました。

寒い中でしたが、9名の方にお越しいただきました。
本当にありがとうございました。
DSCF2413s.jpg

こちらは現役スタッフによる活動内容の説明です。
前半は博物館の講堂にてプロジェクタを使いながらお話しました。
DSCF2415s.jpg

後半は実際に望遠鏡のある観測室へ行きました。
DSCF2416s.jpg

残念ながら雲が多く、お天気の星空散歩を体験、とはいきませんでしたが
普段の活動の一端はご理解いただけたのではないかと思います。

本日はお越しいただいた方みなさんにご応募いただきました。
トータルでも現時点で2桁のご応募をいただいております。
本当にありがとうございます。

また説明会は来月、1月10日にも実施します。
ボランティア活動に疑問や不安をお持ちの方はぜひご参加ください。
※2回目の説明会も終了しました
posted by スターウォッチングスタッフ at 01:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

2008年12月のかつしか星空散歩は…

いよいよ2008年も最後の月です。

寒さも厳しくなってきましたが、
そのぶん空は澄んで、星も見えやすくなっています。

それでは2008年12月のかつしか星空散歩のご案内です。

【月】

 5日(金)には半分に欠けた月が、
 12日(金)と13日(土)はまん丸の月が見えます。

【惑星】

 南西に天王星が見えます。
 土曜日の早い時間でしたら金星も見られます。

【一等星】

 西の空には夏の一等星デネブ(はくちょう座)がまだ見えています。
 東からは冬の一等星たちがいよいよお目見えです。

 ぎょしゃ座のカペラ、おうし座のアルデバランをはじめ
 オリオン座のベテルギウスとリゲルも上ってきます。

【二重星】

 アンドロメダ座の美しいペア「アルマク」など
 秋の二重星が観察できます。

【その他】

 たくさんの星が集まってできた星団が観察できます。
 2つの星団がよりそっている「二重星団」や
 歌でも有名な「すばる」(プレアデス星団)などが見えます。

※上記の天体はあくまで一例です。
 当日の空の状態や人数によっては観察できないこともあります。

望遠鏡のあるドームは冷えますので、暖かくしてお越しください。
手先や襟元は冷えやすいので手袋やマフラーがあると安心です。

また、観測室のすぐ下に暖をとれるロビーもありますので
必要なときは遠慮なく休憩にご利用ください。


追記:先月(2008年11月)のまとめです。

6回の星空散歩すべてで星を見ることができました。
ただ、すっきりと晴れたのは2回で、ほかの4回では雲が多かったです。

お越しいただいたお客様は合計で120名でした。
土曜日のスタートが早くなった分、たくさんの方がいらしてくださいました。

観察した天体は以下のとおりです。

・月
・天王星(惑星)
・ベガ、アルタイル、デネブ、フォーマルハウト、アルデバラン、カペラ(一等星)
・いるか座γ星、アルマク(二重星)
・ガーネットスター、ミラ(赤色巨星)
・二重星団、ET星団、プレアデス星団(散開星団)

posted by スターウォッチングスタッフ at 09:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

2008年11月のかつしか星空散歩は

朝晩とかなり冷え込むようになってきました。
北からは初雪のたよりも届いて、秋の深まりを感じます。

そして今月から、土曜日の星空散歩がパワーアップします。
11月から1月は早くに陽が沈み、星が見えるようになりますので
いつもは19時30分スタートのところを18時から観察をはじめます。

※金曜日はいつもどおり19時30分からになりますので
 お間違えのないよう、お気をつけください。

というわけで、2008年11月のかつしか星空散歩のご案内です。

【月】

 7日(金)、8日(土)には半月より少しふくらんだ月が、
 14日(金)には満月を過ぎた月が見られます。

【惑星】

 夏の主役だった木星は西へ沈んでいきます。
 土曜日の早い時間ならまだなんとか見られます。

 同じく西の空の低いところに金星があります。
 こちらも土曜日のスタートすぐなら見られるかも。

 他には太陽系で7番目と8番目にある遠い惑星、
 天王星と海王星を観察することができます。

【一等星】

 西の空には夏の大三角を作る3つの一等星が見えています。
 南には秋でただひとつの一等星フォーマルハウトが、
 東からは冬の星座一番乗りでおうし座のアルデバランが上ってきます。

【二重星】

 色の取り合わせが美しいアンドロメダ座のアルマクや、
 ケフェウス座のδ星などがあります。

【その他】

 星がたくさん集まってできている星団が2つ寄りそっている
 「二重星団」(ペルセウス座)などを観察します。

※上記の天体はあくまで一例です。
 当日の空の状態や人数によっては観察できないこともあります。

夜は思ったよりも冷えこみますので
あたたかい服装でお越しください。

また、望遠鏡のある観測室のすぐ下には休憩できるロビーがあります。
体が冷えてしまったり、お疲れのときにはぜひご利用ください。


追記:先月(2008年10月)のまとめです。

7回の実施のうち、星を観察できたのは3回でした。
このところ週末に天気が悪いことが多くて
すっきりと晴れてくれることも少なかったです。

お客様は合計で95名でした。
イマイチな空模様にもかかわらずたくさんの方にお越しいただきました。

観察した天体は以下の通りです。

・月
・木星、天王星、海王星(惑星)
・ベガ(一等星)
・アルビレオ、アルマク、いるか座γ星、ケフェウス座δ星(二重星)
・ガーネットスター(赤色巨星)
・コートハンガー星団(散開星団)
posted by スターウォッチングスタッフ at 20:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

秋の天文イベントに向けて打ち合わせしました

来月の11月3日は文化の日ということで、
葛飾区郷土と天文の博物館は無料公開されます。

たくさんのお客様が来館される良い機会ですので
いつもは夜の活動がメインのスターウォッチングスタッフも
昼間から集まって天文イベントを行ないます。

先日はそのイベントの打ち合わせのため、
スタッフが博物館に集合しました。

DSCF9405s.jpg

みんな真剣に?話し合っています。

今回も恒例の展示解説、青空散歩、星座おりがみ教室などを予定しています。
他にもプチイベントを用意しますのでどうぞお楽しみに。
詳細については、またのちほどお知らせします。


当日のお楽しみということで、画像はモザイクですが
↓は今回の(ある意味)目玉になりそうな企画です
DSCF9509s.jpg
posted by スターウォッチングスタッフ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

2008年10月のかつしか星空散歩は…

気温もぐっと下がってきてすっかり秋めいてきました。

秋分も過ぎて日が沈むのも早くなってきて
それでもまださほど寒くはないので星を見るにはいい季節です。

夜空の星は夏から秋へと移っていきます。
では2008年10月のかつしか星空散歩のご案内です。

【月】

 10日(金)、11日(土)には満月前の月が、
 17日(金)には満月過ぎの月が見られます。

【惑星】

 夏に楽しめた木星もそろそろ西へと沈んでいきます。
 代わりに太陽系の7番目と8番目の惑星、
 天王星と海王星が見られるようになります。

【一等星】

 夏の大三角を作る3つの一等星が見えます。

【二重星】

 夏の星座にある二重星のほか、秋の二重星も見えてきます。
 アンドロメダ座のアルマクなど、美しいペアがあります。

【その他】

 不気味なくらい赤い色をしたガーネットスターや
 たくさんの星が集まっている星団などが見られます。

※上記の天体はあくまで一例です。
 当日の空の状態や人数によっては観察できないこともあります。


最後に先月(2008年9月)のまとめです。

6回の実施のうち、すっきり晴れたのは2回、
曇りながらも星が見えたのが3回、雨天中止が1回でした。

お客様は合計で153名でした。
お月見もあり、予想以上にたくさんの方にお越しいただきました。

観察した天体は以下の通りです。

・月
・木星、天王星(惑星)
・ベガ、アルタイル(一等星)
・アルビレオ、ダブルダブルスター、アルマク(二重星)
・ガーネットスター(赤色巨星)
・M29(散開星団)
posted by スターウォッチングスタッフ at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

臨時かつしか夕空&月面散歩をやろうとするも…

昨日の月で日本人の名前のついたクレーターが見えていたので
もしかしたら今夜も見えるかも、と思って
夕方17時からスタンバイしてみたところ…

西の空の低いところに金星が見えていました。
DSCF8873as.jpg

写真は撮れませんでしたが、近くには水星もあって
こちらもなんとか見ることができました。

この2つの惑星、特に水星は地平線に沈むのが早いため
星空散歩ではなかなか見られません。

ちょっと早めに観測室を開けてお客様に見てもらいたい、
と思って18時ごろスタートしようとしていた矢先
葛飾は突然の雷雨となってしまいました。

今年流行りのゲリラ豪雨というやつでしょうか、
そのまま19時半過ぎまで雨は降り続きました。

その後も空が晴れる見込みはなかったので
残念ながらそのまま撤収となりました。

今年の土曜の星空散歩は天気が悪いことが多いのですが
今日もそのとおりになってしまいました。

夏休み後の土曜日の星空散歩は基本的に第2・4土曜のみになりますが、
面白そうな天文現象などあればまた臨時でやってみたいと思います。
posted by スターウォッチングスタッフ at 22:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

【2008年9月】かつしか星空散歩で見える星は…

朝夕もだいぶ過ごしやすくなり、
夜には虫の音もにぎやかになってきました。

9月には月を愛でる(よりもお団子を食べる?)十五夜がありますし、
秋分の日を境にだんだんと夜の時間が長くなっていきます。

というわけで暑すぎず寒すぎず、星が見やすいこの季節に
かつしか星空散歩はいかがでしょうか?

2008年9月に見える星は…

【月】

 5日には三日月より少しふくらんだ月が、
 12、13日には満月に近い月が見られます。

 今年は14日が中秋の名月(旧暦8月の十五夜)なので
 少し早いお月見になりますね。

【惑星】

 シマシマの木星がまだまだ見られます。
 海王星や天王星も東の空からのぼってきます。

【一等星】

 夏の大三角をつくる明るい一等星がほぼ真上に見えます。
 ベガ・アルタイル・デネブの3つです。

【二重星】

 はくちょう座のアルビレオや、
 こと座のダブルダブルスターなど
 個性的な二重星が見られます。

【その他】

 空の状態が良ければ星団や星雲などの天体も
 ご覧いただけるかもしれません。

9月からは通常の星空散歩に戻ります。
毎週金曜日、第2・4土曜日の19時30分からのスタートです。

みなさまのお越しをお待ちしております。


最後に2008年8月の星空散歩のまとめです。

8月は10回開催したうち、8回で星が観察できました。
曇って少ししか見られなかったのも2回あったので
確率は6割とあんまり良くはなかったですね。

観察した天体は…

・月
・木星、土星(惑星)
・スピカ、アルクトゥルス、アンタレス、ベガ、デネブ(一等星)
・ミザール、コルカロリ、アルビレオ(二重星)
・カシオペア座α星(二等星)

でした。

大入りの回が多かったのでメジャーな天体を優先したため
たくさんの種類は見られませんでした。

お客様は合計で319名でした。
やはり夏休みだけに、晴れると大盛況でした。

他にも青空散歩(9日)や出前観望会(3日)にて、
多くの方に天体を観察していただけました。

今月もたくさんの星が観察できますように。
posted by スターウォッチングスタッフ at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

プラネタリウムコンサートを見てきました

葛飾区郷土と天文の博物館で16日・17日に
プラネタリウムコンサートがありました。
17日のコンサートを見てきましたので、その様子をご紹介します。

『星空とハワイアンの夕べ 2』と題されたコンサート、
2とあるように、去年に続いて今回が2回目です。

去年のコンサートがとても素晴らしく好評だったため
今年もぜひ、ということで実現したそうです。

こちらはチケットとパンフレット。
DSCF8321s.jpg
事前申し込み制で、定員をはるかに上回る応募があったそうです。

パンフの裏側には曲目が。全部で14曲です。
DSCF8322s.jpg

開場前にはフラダンサーの皆さんが華麗なフラダンスを披露。
DSCF8318s.jpg

開演前のドームにはハワイの言葉についての解説が流れていました。
DSCF8324s.jpg

ステージの様子はこんな感じでした。南国の花も飾られています。
DSCF8326s.jpg

そして定刻の18時に開演しました。

石川優美&Pono Laniのお二人がステージに登場。
ゆったりとしたギターの演奏とともに、
ドームいっぱいにハワイの風景が映し出されました。

ハワイの海辺で陽が沈み、満天の星が広がると、気分はもうすっかりハワイ。
そして演奏と歌声が星空にとてもマッチしていました。

眼前に立ち上る天の川、その真ん中にはさそり座がありました。
ハワイではそれを英雄マウイの釣り針になぞらえていたそうです。

そんな話題から始まった解説はホクレア号へ。

さらには羅針盤のなかった時代に、星をたよりにポリネシア各地を渡った
かつてのハワイの人々が使った航海術の解説が続きました。

序盤の数曲が終わったところで、石川優美&Pono Laniのお二人のMCに。
お二人がハワイアンに出会ったきっかけや、ハワイアンで使う楽器の解説など
興味深いお話が聞けました。

DSCF8329sa.jpg

そして解説のあったスラック・キー・ギターやスティールギターでの演奏が
中盤に続き、コンサートは後半へとつながっていきます。

100年以上前から親交のあるハワイと日本ですが、
星の分野では、マウナケアにあるすばる望遠鏡がその筆頭でしょう。

そのすばる望遠鏡がとらえた様々な天体の映像とともに、
気持ちの良いハワイアンの演奏が流れました。
あまりのここちよさに途中で危うく意識を失いそうになるほどでした(苦笑)

かわいいお子さんフラダンサーも登場して、
華やかなフラダンスを披露してくれました。

終盤は地球から飛び出して、背景に星空が広がる中、
オリジナルの曲が演奏されました。

最後にはアンコールもありました。
NHKのみんなのうたでも流れている『フ〜ララ ホアロハ ラ〜』
今度は大人のフラダンサーの方とともに熱唱されました。

そんなわけで、あっというまの1時間半でした。

石川さんの歌唱はとても迫力があり、表情豊かでした。
またギターを中心とした演奏も軽やかで、かつ力強さがあり、
ハワイアンをあまり知らなかった自分ですが、この上なく惹きつけられました。
DSCF8334s.jpg
(演奏終了後、ロビーにいらしたお二人です)

その演奏と、映し出される映像・星の解説もぴったりと呼吸が合っていて
目と耳の両方でハワイを堪能することができました。

来年の夏も、ぜひ「3」を、と思わずにはいられない、
とても素敵なプラネタリウムコンサートでした。
posted by スターウォッチングスタッフ at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。