2009年11月08日

秋の天文学入門講座 第3回

11月7日(土)に天文学入門講座の第3回がおこなわれました。

この日は18時10分過ぎに国際宇宙ステーションが上空を通過しましたので
まず、屋上で明るく光る宇宙ステーションを見ました。

それから講堂に戻り、今回のテーマ「惑星」について講義をしました。
6名の受講生のみなさまと一緒に、観望会ボランティアも聴講させていただきました。

DSCF3269s.jpg

1時間の講義ののち、第1回で作った望遠鏡で木星を観察しました。
少し雲のある中でしたが、三脚にきちんと固定して木星を観察すると
左側にきれいに4つ並んだガリレオ衛星と木星が見られました。

また、東の空にのぼってきているプレアデス星団(すばる)にも
望遠鏡を向けて、星たちの集まった姿も観察しました。

最後に5階の望遠鏡で木星と海王星を観察しました。

DSCF3275_no(510)as.jpg

木星はタイミングよく大赤斑も見えていました。

そして太陽系で一番遠くにある海王星ですが、
とても遠くにあるので小さくしか見えませんでしたが
色がかすかに青みがかっているのが見えたかもしれません。

入門額講座もいよいよ次回が最終回となります。
お天気になりますように。
posted by スターウォッチングスタッフ at 11:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文学入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

秋の天文学入門講座 第2回

18時より天文学入門講座の2回目がおこなわれました。
(第1回の様子はこちら

博物館の天文普及ボランティアが講師として
太陽や月についてくわしいお話をしました。

resize0749.jpg

残念ながら外は雨だったので月を観察することはできませんでしたが
先週作った望遠鏡を飾りつけて持っていらしてくださった方もいました。

resize0750.jpg

講座が終わった後、少し雑談をして解散となりました。
みなさまお疲れさまでした。

resize0751.jpg
posted by スターウォッチングスタッフ at 20:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文学入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

秋の天文学入門講座

今夜(17日夜)は博物館の天文普及ボランティアによる入門講座がありました。
観望会ボランティアもお手伝いを兼ねて参加しました。


今回は6名のお客様に参加いただきました。

DSCF1311s.jpg

今年は世界天文年ということもあり、
手作りの望遠鏡キットをみんなで作りました。

DSCF1313s.jpg

望遠鏡の使い方を練習したり、望遠鏡の歴史のお話をした後、
20時過ぎには晴れ間が見えたので、みんなで木星を観察しました。

DSCF1328s.jpg

この望遠鏡を使いながらあと3回、星の世界を楽しんでいただく予定です。
どんな星を楽しむことができるでしょうか。

次回も晴れるといいですね。
posted by スターウォッチングスタッフ at 00:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文学入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

天文学入門講座〜秋の星を楽しむ(第一回)

9月20日(土)の18時より、博物館でおこなわれました
天文学入門講座の第1回にお手伝いとして参加してきました。

DSCF9208s.jpg

天文普及ボランティアのスタッフによる講義を中心とした講座で、
1回目のテーマは「星座」でした。

星座の成り立ちから、今夜見ることのできる星座まで
星座にまつわる話を最初の1時間でお話しました。

それから休憩をはさんで、4階の屋上へ向かいました。
さっそく実際の夜空を見上げて、学んだばかりの星を探してみました。

だいぶ雲が多かったのですが、夏の大三角を作る3つの一等星や
南で明るく輝いている木星を見ることができました。

それから5階の観測室へ行き、望遠鏡で星の観察をしました。

こちらも雲間からでしたが、木星やアルビレオ、ダブルダブルスター、
ガーネットスターにM29(散開星団)などを観察することができました。

第2回は「太陽と恒星」、第3回は「惑星」がテーマなので、その予習も兼ねて
たくさんの天体をご覧いただくことができ、本当によかったです。

次回は望遠鏡での観察はありませんが、19時半から星空散歩があります。
いいお天気になってくれることを期待したいですね。
posted by スターウォッチングスタッフ at 01:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文学入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

天文学入門講座に行ってきました その3

以前の記事
天文学入門講座に行ってきました
天文学入門講座に行ってきました その2

葛飾区郷土と天文の博物館の天文分野では、
かつしか星空散歩を運営する観望会ボランティアとは別に
天文学講座を担当している天文普及ボランティアがあります。

年に数回、天文にかんする講座を開いているのですが、
この3月には「冬の星空を楽しむ」というテーマで
3回にわたって講座が開かれています。

今晩はその3回目に参加してきました。

博物館の前にある曳船親水公園の桜もきれいに咲いていました。
DSCF4800s.jpg

今日のテーマは「恒星」でした。
身近な太陽から始まり、夜空に光る多くの恒星について
どんなふうに成り立っているのか、詳しい解説がありました。
DSCF4815s.jpg

解説の後は5階の望遠鏡を使って学んだばかりの恒星たちの姿を観察しました。
あいにくの薄曇でしたが、オリオン座のベテルギウスとリゲルを見て
その色の違いを比べてみることができました。
DSCF4823s.jpg

また、お客様の中のリクエストがあった土星を最後に眺めて
5階での観察は終わりとなりました。


自分は今回初めて普及ボランティアさんの講座に参加したのですが、
星空散歩とは違ってより専門的な話を聞くことができました。
また、同じ天文分野のボランティアの活動の様子を知ることができ、
とても有意義な時間を過ごせました。

今後は二つのボランティアで連携して何かイベントを行おう、
という話も出ていますので、お互いに協力していければと思います。

普及ボランティアのみなさま、本当にお疲れ様でした。
posted by スターウォッチングスタッフ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文学入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

天文学入門講座に行ってきました その2

前回の記事:天文学入門講座に行ってきました

葛飾区郷土と天文の博物館の天文分野では、
かつしか星空散歩を運営する観望会ボランティアとは別に
天文学講座を担当している天文普及ボランティアがあります。

年に数回、天文にかんする講座を開いているのですが、
この3月には「冬の星空を楽しむ」というテーマで
3回にわたって講座が開かれています。

今晩はその2回目に参加してきました。
今回のテーマは「惑星」です。

resize0080.jpg

まずは1階の講堂での講義で「惑星とは何か」から始まり、
太陽系の成り立ちや、太陽系の外の惑星についてまで
プレゼンテーションの形で解説が行われました。

そして後半は5階の天体観測室にある望遠鏡を使って
今見えている惑星「火星」と「土星」、
そして上弦を少し過ぎた「月」を実際に観察しました。

昨日とはうってかわってお天気に恵まれ、
空の状態もまずまず良かったので、
それぞれの天体がきれいに見えていました。

知識として学んだものを、そのすぐ後に見てみると
宇宙の存在がぐっと身近に感じられてとても良かったと思います。

次回はいよいよ最終回、「恒星」がテーマになります。
また望遠鏡での観察もあるのでぜひ晴れてほしいですね。
posted by スターウォッチングスタッフ at 22:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文学入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

天文学入門講座に行ってきました

葛飾区郷土と天文の博物館の天文分野では、
かつしか星空散歩を運営する観望会ボランティアとは別に
天文学講座を担当している天文普及ボランティアがあります。

年に数回、天文にかんする講座を開いているのですが、
この3月には「冬の星空を楽しむ」というテーマで
3回にわたって講座が開かれています。

その第1回が3月1日の19時からあったので参加してきました。
1回目のテーマは「星座」、都内の空でも冬の星座は見やすいので
星空に親しむにはもってこいです。

DSCF4354s.jpg

最初の50分は普及ボランティアさんによる講義で、
星座とは何なのか、その歴史をたどる解説がありました。

そして今夜見えている星空の解説の後、10分の休憩をはさんで
博物館4階の屋上へ向かい、実際の星空で星座をさがしました。

DSCF4352s.jpg

当日は良いお天気で星もきれいに見えていました。

南の空に三ツ星とそれを囲む四角形のオリオン座を見つけ、
それからシリウス・プロキオンとつなげて「冬の大三角」を、
さらにポルックス(ふたご座)、カペラ(ぎょしゃ座)、
アルデバラン(おうし座)を結んで「冬のダイヤモンド」とたどりました。

前半の講義で教えてもらったとおりにさがすと簡単に見つけられて、
あちこちから「あれがオリオン座なんだ」とか、
「プラネタリウムよりも大きく見えるんだ」といった声が聞こえました。

かたわらには双眼鏡も用意されていて、
すばる(プレアデス星団、M45)も観察しました。

当日の外は冷たい風が強かったので30分ほどで観察を終えましたが、
残った時間はまた講堂で星座についてのお話がありました。

次回は惑星のお話で、望遠鏡での観察もあります。
火星や土星が見られるのでぜひ晴れてほしいです。
posted by スターウォッチングスタッフ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 天文学入門講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする