2017年07月26日

2017年7月28日(金)・29日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

夏休みになりました。

毎年この時期にはたくさんのお客さまをお迎えします。先週土曜の星空散歩では50名ほどのお客さまにお越しいただきました。暑い中わざわざお越しいただけて大変ありがたいことです。夜とはいえ気温が高い日も多いため、水分を多めに取るなどして体調には気をつけてください。楽しい夏の夜をご一緒できたらと思います。

★天体観望会「かつしか星空散歩」開催のご案内

【開催日】 7月28日(金)・29日(土)

【開催場所】葛飾区郷土と天文の博物館 5階天体観測室
※集合場所は、開催前に館内放送等でご案内します。

【開催時間】19時30分〜20時30分
※混雑が予想される場合、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。なお、整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。

【観望予定天体】
月、土星など(予定)

【詳細】
かつしか星空散歩

今の時期は、人気のある土星がご覧いただけます。ぜひお越しください。
posted by スターウォッチングスタッフ at 00:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

2017年7月21日(金)22日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

梅雨明けしたとのニュース
これから夏本番ですね!熱中症にはお気をつけください。

さて、春によく見えていた木星はもう西の空に傾きはじめ、
いま南の空に輝くのは土星!
そして、大きな夏の大三角も見ごろになってきました。

ところで、土星の環は、年によって角度が違って見えること、ご存知ですか?
これは、土星の環が赤道面にあること、
そして、土星の赤道面が土星の軌道面に対して少し傾いていることによって起こる現象です。

地球からは、約15年ごとに土星の環を真横から見ることになり、
そんな年は、薄い薄い土星の環は地球からはほとんど見えなくなってしまいます。

その昔、精度の良い望遠鏡がなかった時代、土星の環はまだまだ謎に包まれた存在でした。
あの有名なガリレオ・ガリレイがこの「環の消失」を目撃したとき、
「神は私を騙されたのか!?」と嘆いたそうです。。

…ウンチクはさておき、今土星の環がどんな風に見えるのか!?
是非とも確認しにきてください


★天体観望会「かつしか星空散歩」開催のご案内
【開催日】 7月21日(金)・22日(土)
【開催時間】19時30分〜20時30分
※混雑が予想される場合、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。
なお、整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。


【観望予定天体】

7/21(金):土星
アンタレス(さそり座)
ヘルクレス座95番星(二重星)
さそり座 ξ星+Σ1999(さそり座にある二重星の競演!)

7/22(土):土星
アンタレス(さそり座)
アルビレオ(はくちょう座の二重星)
ダブルダブルスター(こと座の二重星×2)
M13(ヘルクレス座の球状星団)


【開催場所】
葛飾区郷土と天文の博物館 5階天体観測室
※集合場所は、開催前に館内放送等でご案内します。

※天候により観察する天体を予告なく変更することがあります。
※曇天時・雨天時には開催を中止する場合があります。

最新情報はTwitterでチェックできます。

かつしか星空散歩についての詳細はこちらをご覧ください。
posted by スターウォッチングスタッフ at 08:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

7/14(金)7/15(土)の「かつしか星空散歩」〈予告》

先日、望遠鏡を買いました。
3万円台のモデルで、ネットのレビューを読んでみたら月や惑星なら見ることができると書いてあります。
満月の日に家の前に広げて覗いてみたら、クレーターもはっきり見える非常にきれいな満月を見ることができました。
今度は土星に挑戦してみたいと思います。
また、こんなにきれいな月が見られるのなら撮影したいと思い、一眼レフカメラが欲しくなってしまいました。

それでは7/14,15の星空散歩のご案内です。
【日時】7/14(金)、7/15(土)19:30〜(19:15〜整理券配布をする場合があります)
【天体】<7/14>土星、木星、ミザール・アルコル、ラス・アルゲティ、ベガ、アンタレス(予定)
<7/15>土星、木星、ベガ、アルタイル、アンタレス、アルビレオ(予定)
※観望天体は当日の雲の状況や、お客様人数等により変更になる場合がございます。
※整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。

7月に入ってから非常に多くのお客様にお越し頂いています。
観測室は狭く風も入りにくいため、室内が暑くなりやすいです。
観望中、気分が悪くなったりした場合は無理せず速やかにスタッフにまでお申し出ください。
posted by スターウォッチングスタッフ at 12:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

2017年7月7日(金)・8日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

★天体観望会「かつしか星空散歩」開催のご案内

【開催日】 7月7日(金)・8日(土)
【開催時間】19時30分〜20時30分
混雑が予想される場合、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。
※ 整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。
【観望予定天体】
木星、月、ベガ(こと座)、アルビレオ(はくちょう座)、アルタイル(わし座)、土星 など
【開催場所】葛飾区郷土と天文の博物館 5階天体観測室
※集合場所は、開催前に館内放送等でご案内します。
【詳細】かつしか星空散歩

☆ 七夕と伝統的七夕
“7月7日:七夕(たなばた)のころは毎年天気が悪いなぁ~” 古くからある 星を愛でる行事が梅雨の時期に重なっていることをいつも残念に思っていました。この日 仮に晴れても織姫と彦星(織女星と牽牛星、ベガとアルタイル)が南の空高く見やすい位置に来るのは夜の23‐24時ごろのようです。昔の人は夜更かしだったのでしょうか?

▼ 2017年7月7日 20時ごろ のかつしかの星空。ベガとアルタイルはまだ東の空。
20170707.jpg

 実は現代人と昔の人が使っていた暦には違いがあります。現代の暦は太陽の動きを基準にしていますが、江戸時代まで使われていた旧暦(太陰暦)は月の満ち欠けで日付を決めていました。今年は8月28日が旧暦の7月7日にあたるそうです。このころなら梅雨も終わっていますね。最近ではこの日を「伝統的七夕」と呼んで親しまれています。

▼ 2017年8月28日(伝統的七夕) 20時ごろ のかつしかの星空。
20170828.jpg

 8月28日の20時ごろなら ベガとアルタイル、天の川は見やすい高さまであがっています。また旧暦の7月7日は必ず7日目の月(月齢6ぐらい)になります。

 でも織姫と彦星、新暦・旧暦の七夕と会う機会が増えたと喜び過ごしているかもしれませんね!

七夕イベントに合わせ ぜひ夜空を見上げてみてください。
posted by スターウォッチングスタッフ at 11:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

2017年6月30日(金)・7月1日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》



星空散歩のご案内です。

【開催日】 2017年6月30日(金)・7月1日(土)
【開始時刻】 19:30
【開催場所】 葛飾区郷土と天文の博物館 5階
※開催前に館内放送等でご案内します。
※混雑が予想される場合は、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。
 なお、整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。
【観望予定天体】
 ≪6/30≫
・木星  
・月
etc・・・

 ≪7/1≫
・土星
・月
etc・・・

【詳細】
かつしか星空散歩

※観望天体は当日の雲の状況や、お客様の人数等により変更になる場合がございます。
※雨天・曇天で星が見えない場合は中止します。事前に中止決定の際はツイッター(@stasta_blog)にて告知致します。



梅雨の中、たまに雲間から星が見えるとついつい見上げてしまいます。
今見どころ惑星といえば土星ですね。
星空散歩でも土星をご覧頂けます。土星といえばまわりのわっかですね!
見たことがない方はこの機会に是非いかがでしょうか?

また、7/1、月と木星が接近していて、月の近くで木星が輝いてます。
みんなで空を見上げて天体観測しませんか。
posted by スターウォッチングスタッフ at 18:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

2017年6月23日(金)・24日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

うしかい座という星座をご存知でしょうか。とても明るい恒星アルクトゥルス (麦星) や二重星プルケリマ (イザル) をもつ、代表的な春の星座です。「ネクタイ」や「ソフトクリーム」のような形と紹介されることがあります。

うしかい座のモデルとなったのはギリシャ神話に出てくる巨人「アトラス」です。ゼウス一族とのいくさに負け、世界を背負う役務を担うことになったと言われています。背負っているのは何と言っても「世界」ですから巨人である彼をもってしてもとても重く、辛い役目なことでしょう。勇者ヘラクレスにその役割を代わってもらえるチャンスがあったらしいのですが、うまくいかなかったのだとか。いまでも世界を支えてくれているのでしょうか。地図を英語で「アトラス」と呼ぶのも彼に由来しています。星座としては、牛を飼いながら大熊を警戒して猟犬を操っています。どうやらとても忙しい神様のようです。


★天体観望会「かつしか星空散歩」開催のご案内

【開催日】 6月23日(金)・24日(土)

【開催場所】葛飾区郷土と天文の博物館 5階天体観測室
※集合場所は、開催前に館内放送等でご案内します。

【開催時間】19時30分〜20時30分
※混雑が予想される場合、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。なお、整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。

【観望予定天体】
木星、春や夏の一等星、二重星など(予定)

【詳細】
かつしか星空散歩

※なお、7月1日(土)には七夕の夕べという天文イベントを開催します。毎年七夕にちなんだ楽しい企画でみなさまをお待ちしています。こちらもぜひ足をお運びください。

梅雨の季節となりました。なかなか雲が取れませんが、週末には晴れて星が見えるといいですね。
posted by スターウォッチングスタッフ at 00:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

2017年6月16日(金)17日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

梅雨の季節がやってきましたね。
恵みの雨も勿論大事ですが、かつしか星空散歩の行われる週末の夜だけは、晴れてほしいものです。

さて、春から夏にかけては、おとめ座で青白く輝く一等星「スピカ」が見ごろ。
このおとめ座、諸説ありますが、ギリシア神話における豊穣の女神、デメテル(デーメーテール)の姿だという説があります。
今回は、そんなデメテルの絵を描いてみました。
右側は、おとめ座の星座線です。

IMG_0025.JPG

デメテルが左手に持っているのは、麦の穂。
「スピカ」はこの麦の穂の先に位置する青白い星です。
「スピカ」(Spica)って、とっても可愛い名前ですよね。
ラテン語で「穀物の穂」という意味だそうです。
梅雨にはたっぷりの雨を受け、梅雨が明けて夏になったら、いっぱいの日差しを受け・・・
そうして、秋には美味しいお米がいっぱい収穫されますように と豊穣の女神、デメテルに
そしてスピカにお願いしましょう。

ちなみに、デメテルはギリシア神話における絶対神・ゼウスのお姉さんでもあります。
今年はそんなデメテル=おとめ座の近くに、ゼウス=木星がひときわ明るく輝いています。
まだまだ木星も見ごろです。
そのほかにもたくさんの観望天体をご用意して、お待ちしております。
晴れたら是非、かつしか星空散歩に遊びに来てくださいね。

★天体観望会「かつしか星空散歩」開催のご案内
【開催日】 6月16日(金)・17日(土)
【開催時間】19時30分〜20時30分
※混雑が予想される場合、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。
なお、整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。

【観望予定天体】
6/16(金):木星, スピカ(おとめ座), アークトゥルス(うしかい座),かみのけ座24番星(二重星), ポリマ(おとめ座の二重星), M3(りょうけん座の球状星団)
6/17(土):木星, スピカ, アークトゥルス, プルケリマ(うしかい座の二重星),コル・カロリ(りょうけん座の二重星)
【開催場所】
葛飾区郷土と天文の博物館 5階天体観測室
※集合場所は、開催前に館内放送等でご案内します。

※天候により観察する天体を予告なく変更することがあります。
※曇天時・雨天時には開催を中止する場合があります。

最新情報はTwitterでチェックできます。

かつしか星空散歩についての詳細はこちらをご覧ください。
posted by スターウォッチングスタッフ at 11:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

2017年6月9日(金)・10日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

四国から関東甲信まで一斉に梅雨入り
− かつしか星空散歩ファンの皆様には少し残念なニュースが流れました。でもまとまった雨は貯水や作物の成長に欠かせない大切なものですよね。星が見えない日は 雨露に濡れる紫陽花など梅雨の季節を楽しみたいと思います。
今週の金・土曜は悪天ではなさそうで、曇りでも雲の切れ目から星をお見せできるよう頑張ります。またこれまでの経験ですと、梅雨の合間の晴れの日は天体がとってもよく見えることがありました。皆様のご来館お待ちしております。

★天体観望会「かつしか星空散歩」開催のご案内
【開催日】 6月9日(金)・10日(土)
【開催時間】19時30分〜20時30分
※混雑が予想される場合、19時15分頃から1階講堂前で整理券を配布することがあります。なお、整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。

【観望予定天体】
6/9(金):木星、スピカ(おとめ座)、アルクトゥールス(うしかい座)、M3
球状星団(りょうけん座)、プルケリマ(うしかい座:重星)、ミザール・アルコル(おおぐま座)、月
6/10(土):木星、スピカ、プルケリマ、アルクトゥールス

【開催場所】葛飾区郷土と天文の博物館 5階天体観測室
※集合場所は、開催前に館内放送等でご案内します。

【詳細】
かつしか星空散歩についての詳細はこちらをご覧ください。
posted by スターウォッチングスタッフ at 12:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

2017年6月3日(土)「かつしか宙(そら)トーク」を開催します

6/3(土)は宙トークを実施します。
今回のトークは火星探査のお話。
火星探査最大のミッションはずばり、火星に生命はいるのか?
NASAはこの謎を解明するために今まで多くの探査機を火星に送り込みました。
今回はその歴史について、火星を初めて望遠鏡で見た頃までさかのぼってお話します。

(日時) 6/3(土)18:40〜19:15(時間が前後する場合がございますのでご了承ください)
(場所) 博物館 1階講堂
(タイトル)「火星探査に参加せい!」
(内容) いるか!?火星人!火星探査の歴史から最新の火星探査の状況についてお話しします。
詳しくはこちら
終了後19:30から星空散歩もあるのでそちらも是非ご参加ください。
皆様のお越しをお待ちしています。
posted by スターウォッチングスタッフ at 18:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年6月2日(金)・3日(土)の「かつしか星空散歩」《予告》

みちびき2号が無事打ち上げに成功したようです。
”みちびき”はGPS補助衛星です。
現在GPSサービスは主にアメリカのGPS衛星を利用していますが、
ビルが多いところなどでは測定誤差が10m程度あり、
より高精度なGPSサービスの提供を目指して打ち上げられました。
今年度中に4号機まで打ち上げ予定で、最終的に1m未満の精度でサービスを提供することを目指しています。

それでは6/2(金)3(土)の星空散歩の予定です。
【日時】6/2(金)、6/3(土)19:30〜(19:15〜整理券配布の可能性あり)
【天体】<6/2>月、木星、スピカ、プルケリマ、かみのけ座24番星(予定)
<6/3>月、木星、アルギエバ、プルケリマ、M3(予定)
※観望天体は当日の雲の状況や、お客様人数等により変更になる場合がございます。
※整理券の番号はグループ分けの目安のためのもので、ご覧いただく順番ではありませんのでご了承ください。

また、6/3(土)は宙(そら)トークも開催するのでそちらも是非ご参加ください。
詳しくはこちら
※宙(そら)トークとは当館ボランティアスタッフが天文に関するお話をするトークイベントです。
posted by スターウォッチングスタッフ at 18:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 星空散歩の予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする